ネット上の泣ける都市伝説 トムとジェリー幻の最終回

今回は、日本でも人気の高い米国アニメ「トムとジェリー」に纏わるお話をご紹介します。

このアニメは、1940年から次々と続編が作られ、2016年の11月にも「トムとジェリー すくえ!魔法の国オズ」が劇場公開されました。長きに渡って親しまれ作り続けられている作品であり、トムとジェリーには最終回といったものはありません。

しかし、日本のネットには2000年ごろから都市伝説的に語られ続けている「トムとジェリーの最終回」というお話があるのですがご存知でしょうか?

作者も出所も不明なこの最終回の物語。なかなか泣かされちゃう内容なのでぜひお読みになってみてください。

ジェリーが大人になった頃トムはもうこの世にいませんでした。

トムは自分の命の終わりがすぐ傍まで来ているのを知ったとき、こっそりジェリーの前から姿を消しました。

ジェリーの前で弱って涙もろくなった自分を見せたくなかったのです。

トムはジェリーの心の中ではずっと喧嘩相手として生きつづけたかったのです。

トムがいなくなったのに気づいたときジェリーは悲しみはしませんでしたが、退屈になるなと思いました。トムとの喧嘩は最高にスリルのあるゲームでしたから。

胸の奥が不思議にチクチクはするのですが、それが何なのか、ジェリーにはよくはわかりませんでした。

トムの願い通り、ジェリーの心の中でトムはいつまでも仲の悪い喧嘩相手でした。

そんなある日ジェリーの前に一匹の猫が現れました。トムよりのろまで体も小さい猫です。

喧嘩相手のトムがいなくなって寂しかったジェリーは、今度はこの猫を喧嘩相手にしようと考えました。

そこでジェリーは、穴のあいた三角チーズが仕掛けられたねずみ取りを利用して、その猫に罠をかけることにしました。

いつもトムにしていたように。

ジェリーは物陰に隠れて、ねずみを求めて猫がねずみ取りの近くに来るのを待っていました。

そして思惑通り猫が罠に向かって近づいてきます。ジェリーはしめしめと思いました。

いつものように、自分がねずみ取りにひっかかるふりをして、逆に猫をねずみ取りにかけてやるんだ うふふ。

手か尻尾を挟んだ猫の飛び上がる姿が頭に浮かび愉快です。

でも、その猫はトムではありません。

猫はチーズの近くまで来たとき、ジェリーが出てくるより早く美味しそうなねずみの匂いに気づき、目にもとまらぬ速さで隠れていたジェリーに襲いかかってきました。

ジェリーはいつもトムから逃げていたように逃げましたが、トムよりのろまなはずの猫にすぐに追いつかれてしまい、体をガブリと噛まれました。

ジェリーも噛みつき返しましたが、トムより体が小さいはずの猫は平気です。

血まみれのジェリーは薄れ行く意識の中で、本当は鼠が猫と喧嘩して勝てるわけがないことと、いつもトムはジェリーに「してやられた」ふりをして、わざとジェリーを捕まえないでいたことを、そのとき始めて知ったのです。

トムの大きな優しさと友情に気づいたのです。

そしてトムがいなくなった時の胸の奥のチクチクの正体にも気づきました。

かけがえのない友を無くした悲しみでした。

ジェリーの魂が体を抜けた時、空の上には優しく微笑みジェリーを待っているトムがいました。

「また喧嘩ができるね」

「のぞむところさ、今度こそは捕まえてやるぞ」

ガラスの向こうに飾られたトムとジェリーの人形

Photo by Len Urrutia

どこの誰が書いた物語かはわかりませんが、とても感動的なので泣いてしまいました。

考えてみれば、人を泣かせてしまうほど心震わせる物語だからこそ、広くネット上で拡散したのでしょうね。

ラストのセリフにホロリ! 父と娘の絆を描いた東京ガスの感動CM『家族の絆 やめてよ』篇
娘というものは、小さい頃は「パパとけっこんしゅるの!」などと言ってくれるのに、なぜか成長するにつれ段々と冷たくなっていく...
もらい泣きしてしまう… 聴覚障害者の方々がはじめて音を聞いた瞬間のコンピレーション
聴覚に障害をもった方々が、医学の力を借りて初めて音を聞いた瞬間の映像集です。 感動して思わずもらい泣きしてしまいました。...
命は皆、祝福されて生まれてくるべき! 自分が父親になると知った男性たちの心温まる反応
愛し合う男女が永遠の愛を誓い合えば、やがてやってくるビッグイベントがあります。それは、二人の愛が結晶となって女性の体に宿...
しんちゃんとシロの別れを描いた二次創作短編小説「十三年後のクレヨンしんちゃん」(動画と全文)
2006年の04月7日、巨大掲示板2ちゃんねるに臼井儀人さんの人気漫画作品「クレヨンしんちゃん」の二次創作短編小説が投稿...
なんていいCM! 成長した息子の暮らしぶりを知った母の心情を描くマルコメの感動CM
東京に上京してきた母親を駅のホームまで迎えにきた息子。息子はすでに家庭を持っており、母は少し遠慮しながらも、この日は息子...