自分の子供の頃を思い出す! 夏休みに自転車で小旅行に出掛けたときの思い出

自転車に乗る子供達

Photo by Connie

誰もが持っているであろう夏休みの思い出。大人になってからしみじみと思い出すセピア色の記憶。

これから紹介するお話は、泣けるとか心が温まるといった類のお話ではありませんが、なんだか心に響いてくる子供の頃の思い出のお話です。

夏休みに自転車でどこまでいけるかと小旅行。計画も、地図も、お金も、何も持たずに。
国道をただひたすら進んでいた。途中大きな下り坂があって自転車はひとりでに進む。
ペダルを漕がなくても。何もしなくても。

ただ、ただ気持ちよかった。自分は今、世界一早いんじゃないかと思った。
子供心に凄く遠いところまできた事を知り、一同感動。滝のような汗と青空の下の笑顔。

しかし、帰り道が解からず途方に暮れる。不安になる。怖くなる。いらいらする。
当然けんかになっちゃった。泣いてね~よ。と全員赤い鼻して、目を腫らして強がってこぼした涙。
交番で道を聞いて帰った頃にはもう晩御飯の時間も過ぎてるわ、親には叱られるは、
蚊には指されてるわ、自転車は汚れるわ。
でも次の日には全員復活。瞬時に楽しい思い出になってしまう。絵日記の1ページになっていた。

今大人になってあの大きな下り坂を電車の窓から見下ろす。
家から電車でたかだか10個目くらい。
子供の頃感じたほど、大きくも長くもない下り坂。
でもあの時はこの坂は果てしなく長く、大きかった。永遠だと思えるほどに。

今もあの坂を自転車で滑り落ちる子供達がいる。楽しそうに嬌声を上げながら。
彼らもいつの日にか思うのだろうか。
今、大人になってどれだけお金や時間を使って遊んでも、
あの大きな坂を下っていた時の楽しさは、もう二度とは味わえないと。
もう二度と、友達と笑いながらあの坂を、自転車で下る事はないだろうと。
あんなにバカで、下らなくて、無鉄砲で、楽しかった事はもう二度とないだろうと。

下りの坂道

Photo by 鈴木 宏一

思い出すと、なんだか楽しいような切ないような子供の頃の思い出。夏休みって、そういう記憶の宝庫ですよね。

この文章を読んでいると、なんというか子供の頃に感じた夏休みの開放感というか無敵感のようなものを思い出してしまいます。

夏休み中の僕は、間違いなく世界で1、2を争うほどの幸せ者だった。もちろん、皆さんもそうでしょうけどね(笑)

遠い記憶の中にある懐かしい思い出。戻りたいと思っても二度と戻れない時間だからこそ大切に思います。

最後だとわかっていたなら ~わずか10歳でこの世を去った愛する息子へ伝えきれなかった想い~
ノーマ・コーネット・マレックという女性詩人をご存知でしょうか? ケンタッキー州ラインフォーク生まれたノーマさんは、美しい...
あまりにも切ない愛の物語! 末期がんの男性が最後に望んだ、最愛の女性との結婚式
フィリピンに住むRowdenさんとLeizelさんのカップルは、Rowdenさんの30歳の誕生日である、2014年7月8...
『またどこかで会おうね』 ~ある方が以前勤務していた病院で見たご家族のお話~
これからご紹介するのは、ある方が病院で見たご家族のお話です。 病院で働いていたその方は、掃除をするためにある病室へと入り...
なんて心温まる企画! 定年を迎える東京メトロの駅長を労うサプライズ「THE LAST TRAIN」
今回は、定年退職を迎える東京メトロの駅長を労うサプライズ企画「THE LAST TRAIN」の動画をご紹介します。 東京...
パパ、ありがとう! 驚きの出来事によって感動の涙に包まれた結婚式のお話
同い年の彼と結婚が決まった女性。彼女には、5歳のときに最愛の父をバイク事故で亡くしてしまうという悲しい過去がありました。...