もらい泣きしてしまう… 色覚異常の方々が、はじめて世界の鮮やかさを目にした瞬間

色覚異常を補正するメガネをかけて世界の鮮やかさを知った少女

以前、聴覚障害者の方々がはじめて音を聞いた瞬間の動画をご紹介したことがありますが、今回は色覚異常(Colour Blind)の方々が、その症状を補正するメガネをかけることによって、はじめて世界の色鮮やかさを知った瞬間の反応です。

すべての色は、「光の三原色」といわれる赤、緑、青の三つの光の組み合わせで作られますが、色覚異常の方はこの3種類の色を感じる視細胞のうちの、どれかが足りなかったりして十分機能しません。

つまり、赤、緑、青の3つの色を感じ取る機能が正常でないというわけなのですが、そう聞くと「色が違って見えるのだろう」などと想像してしまいます。それは確かにそうなのですが、三原色のうちのどれかを感じ取る機能が弱かった場合の見え方は、「色が違って見える」というより「色があせて見える」と表現した方が適切かもしれません。

下記の美しい風景写真は、色を正常に感じ取れる方の見え方です。

正常な色の見え方

上記のような風景が、色覚異常の方には下記のように見えます。

色覚異常を持つ方の色の見え方
上記の画像は、海外サイト「Colblindor」のシミュレーターを使って色覚異常の方々の視覚世界を再現したものです。

いかがでしょう? 色が違って見えるというより、色があせて見えると表現した方が適切だといった意味がご理解いただけたと思います。

それでは、こうした事実を踏まえた上で、動画の方をご覧になってみてください。

動画は個人的に感動したものを3本ご用意しました。まずはコンピレーション動画です。

People Seeing Color for the First Time | Cosmopolitan

次は色覚異常の兄弟が補正メガネをかけた瞬間の反応です。お二人とも感動して泣いています。

Colorblind brothers overwhelmed by seeing color for the first time

次は、66年間の人生で初めて世界の色鮮やかさを目にしたおじいちゃんの反応です。やはり感動して涙を流されています。

Giving my colorblind Papa EnChroma glasses

もらい泣きしました。色あせた世界に住む方々が、はじめて世界の美しさ、鮮やかさを目にした瞬間の感動、喜び。それを思うと涙がボロボロとこぼれました。

聴覚障害者の方々がはじめて音を聞いた瞬間の動画をご紹介したときも感じたことですが、この世に「医学」というものが存在したことを、本当に嬉しく思います。

ラストのセリフにホロリ! 父と娘の絆を描いた東京ガスの感動CM『家族の絆 やめてよ』篇
娘というものは、小さい頃は「パパとけっこんしゅるの!」などと言ってくれるのに、なぜか成長するにつれ段々と冷たくなっていく...
絶対に妹を泣かせたくないという兄の愛情を描いた感動長編CM(タイの感動CM)
今回は、ブラザー工業のタイ拠点である「BROTHER COMMERCIAL (THAILAND) LTD」が制作した、長...
戸籍謄本を見て自分が養子であると知った時、父の口から飛び出した意外な言葉
これからご紹介するお話は、某巨大掲示板の「今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験」というスレッドに書き込まれたお話です。 ...
最後だとわかっていたなら ~わずか10歳でこの世を去った愛する息子へ伝えきれなかった想い~
ノーマ・コーネット・マレックという女性詩人をご存知でしょうか? ケンタッキー州ラインフォーク生まれたノーマさんは、美しい...
なんという現実! インドの貧困家庭で生まれ育った盲目の姉妹が見た希望の光
インドの貧しい家で生まれ育ったソニアちゃん(12歳)とアニータちゃん(6歳)という姉妹がいました。二人は、生まれつき目が...