絶対に妹を泣かせたくないという兄の愛情を描いた感動長編CM(タイの感動CM)

幼い妹を抱き寄せる兄

今回は、ブラザー工業のタイ拠点である「BROTHER COMMERCIAL (THAILAND) LTD」が制作した、長さ9分38秒の長編CMをご紹介します。

物語の背景

ムエタイ選手であったことが原因でパーキンソン症を患ってしまった男性がいました。悪化すれば日常生活すら困難になるこの病。男性の面倒を見ていたのは、彼の妹とその夫でした。

しかし、妹夫婦にも生活がありました。ある日、妹の夫は兄の面倒をこれ以上見きれないと言い出しました。そのとき妹は、幼い頃の自分に対して兄がしてくれたことを思い出すのでした。

My brother: ความหมายที่ยิ่งใหญ่ของคำว่า “พี่ชาย”

兄が立ち上がって妹に人形を渡すシーンでは、感動してボロボロ涙が出てしまいました。

パーキンソン病におかされると、手足や顔の震え、筋肉硬直による表情の乏しさ、歩行困難、動作の緩慢、バランスと姿勢の保持が困難になるといった様々な症状が現われ、悪化すると社会生活どころか日常生活すら困難になります。

そんな状態になっても、妹を守ろうとする兄。絶対に妹を泣かせたくないという兄の愛情を思うと、泣かずにはいられませんでした。

いくつになっても、どんな状況になっても、お兄ちゃんはいつまでもお兄ちゃん。きっと、妹を思う気持ちが変わることなどないのでしょうね。

しんちゃんとシロの別れを描いた二次創作短編小説「十三年後のクレヨンしんちゃん」(動画と全文)
2006年の04月7日、巨大掲示板2ちゃんねるに臼井儀人さんの人気漫画作品「クレヨンしんちゃん」の二次創作短編小説が投稿...
健気な愛情にホロリ! 幼い女の子の悪戯に隠れていた、お母さんへの深い深い愛情
子供というのは、時々とんでもない悪戯をやらかして大人を困らせてくれたりします。 でも、そうした子供の悪戯には悪意は込めら...
なんて素敵な優しさの連鎖! 思いやりで世界を幸せな場所にしようと活動する団体が作った心温まる動画
アメリカはニューヨークにある非営利団体「Life Vest Inside」をご存知でしょうか? この団体は、「思いやりや...
戸籍謄本を見て自分が養子であると知った時、父の口から飛び出した意外な言葉
これからご紹介するお話は、某巨大掲示板の「今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験」というスレッドに書き込まれたお話です。 ...
当時中学生だった弟が、学校帰りに床屋で丸坊主にしてきた意外な理由
当時中学生だった弟が、学校の帰りに床屋に寄って丸坊主になって帰ってきました。 その頭を見て兄は一体どうしたのだろうかと思...