母親を疎ましく思って家出した少女が知った母の深い愛情(タイの感動CM)

お腹を空かせたまま屋台の料理を見つめる少女

今回は、家出少女と母の思いを描いた感動CMをご紹介したいと思います。制作したのは、タイの大手食品会社「CPフーズ」です。

物語の背景

母親が疎ましく感じ家出した少女は、屋台の前に立っておばさんが作る料理をじっと見つめていました。少女はお腹を空かせていたのですが、お金がないので見ていることしかできなかったのです。

力なく屋台の前から立ち去ろうとする少女。そんな彼女を見て、屋台のおばさんは「ご飯を食べていきなさい」と声をかけてくれました。

やがて少女の前に出てきたのは、彼女が大好きな料理でした。このおばさんはなぜ自分の好物を知っているのだろうかと疑問に思った少女は、そのことをおばさんに尋ねてみたのです。

ทุกคำมีความหมาย | Every Mouthful is Meaningful

少女の写真が出てきた瞬間に、すべてを悟って涙がボロボロ出てしまいました。

僕は独身ですので当然子供はいませんが、家庭の事情というやつで親子に近いぐらい歳の離れた弟達や妹達がいます。なので、彼、彼女らの世話をしてきた経験から、何の因果か子供もいないのに子育ての大変さを多少知っています。

子供というのは、想像以上に手間がかかる生き物です。ベットに寝かせると夜泣きがはじまるので、一晩中抱いていなければならないことなど普通にあります。しかもそれが何日も続いたりするのです。

泣くのは夜だけではありません。昼間でも、ベットに寝かせるとすぐに気づいて泣き出します。結局抱いていなければなりません。多少成長して歩行器などに入れておくとしばらくは機嫌が良いのですが、何日か経つと飽きてしまいますし、自分で歩けるようになれば楽になるかと思えば、今度は目が離せなくなります。

その他、子育ての大変さを話はじめればキリがありません。常に意識と労力と時間の半分を子供のために費やし、残りの半分で家事と自分のことをこなすのです。これに仕事が加わればそのハードさは想像を絶するでしょう。

しかし驚いたことに、世の中の多くのお母さんたちは普通にこういう生活をこなしているのです。なぜこんなことが可能なのかと考えてみれば、やはりその理由は、「自分の子供を愛しているから」。これに尽きるのではないでしょうか。

子育てなんて、そこに愛がなければただの拷問です。よく介護疲れで自らの命を絶つ方がいらっしゃいますが、自分の役目と他人の世話を両立するということはそれだけハードということなのでしょう。

そんなハードな生活を、世の母親という母親が普通にこなせているのは、子育てが片手間でこなせる程度のものだからなのではなく、世の母親という母親が普通に子供を愛しているからに他ならないと思います。

人の意識の中は、その多くが「自分」というもので占められています。そして、僅かに空いたスペースで他人の気持ちを考えます。なので、人間同士であるならば、互いに対する理解不足から摩擦が起こるのは当然のこと。それがたとえ血を分けた親子であってもです。

親子間の摩擦というものは、この動画の少女のように思春期によく起こりますね。子供が強烈に急速に自我を確立しようとする時期であるがゆえに、子は親の気持ちを理解する余裕がなくなりますし、親は子の急激な変化に対して対応が追いついていきません。

結果として互いの理解不足から、子供は母親を疎ましいと感じたり、自分が愛されていないなどと感じてしまうのでしょう。でも、想像以上にハードな子育ては、想像以上に子供を愛していなければ絶対にできない。なのに我が子を愛していないなんてありえないことです。

子供をそれなりの年齢まで人並みに育てたということ。それはすなわち、子供自身が想像する以上の愛を、母親に注いでもらったということの証明なんだろうと思います。

なんと高潔な自己犠牲の精神! 命が危ない極限状態で、己の命より他者の命を優先した自衛隊員さん達の話
記事公開日:2018年1月26日 23日の午前、群馬県の草津白根山が噴火し、草津国際スキー場で雪上訓練中だった自衛隊員の...
不器用な父の愛情に感動! 実話を元に父と娘の絆を描いたショートドラマ(タイの感動CM)
誰よりも母を慕っていた1人の少女がいました。その少女と母親は、互いのすべてを分かち合う間柄でした。 しかし母は、少女を残...
なんていいCM! 成長した息子の暮らしぶりを知った母の心情を描くマルコメの感動CM
東京に上京してきた母親を駅のホームまで迎えにきた息子。息子はすでに家庭を持っており、母は少し遠慮しながらも、この日は息子...
なんという現実! インドの貧困家庭で生まれ育った盲目の姉妹が見た希望の光
インドの貧しい家で生まれ育ったソニアちゃん(12歳)とアニータちゃん(6歳)という姉妹がいました。二人は、生まれつき目が...
『強い子』 ~難病を抱えた女の子が、悲しむお母さんのために作ったお話~
これからご紹介するお話は、経営コンサルタントの福島正伸先生がご自身の著書や講演会などで語られている、実在する病気の女の子...