父の愛が切ない! 心臓発作で亡くなったお父さんが、天国から送ってくれた誕生日プレゼント

亡くなったお父さんからの誕生日プレゼントを受け取る息子

2017年の4月、ミシガン州に住むJohn Crow(ジョン・クロウ)という男性が心臓発作でこの世を去りました。享年49歳。まだまだ早すぎる死でした。

彼には、ヘビーメタルが大好きでギターのレッスンを受けている15歳の息子がいました。名前はJohnny Crow(ジョニー・クロウ)君。Johnさんは生前、愛する息子の16歳の誕生日のために、家族に内緒でプレゼントを用意していました。

誰も存在することを知らなかった誕生日プレゼントは、楽器店のオーナーであるPete Kruse(ピート・クルーゼ)さんからの連絡によって日の目を見ることになりました。「ギターが弟を待っている」、そう連絡を受けたのは、20歳になるJohn君のお姉さんChandle(チャンドラー)さんでした。

Chandlerさんは、そのことを弟のJohnny君に秘密にしておきました。そして6月のJohnny君の誕生日、Chandlerさんは車でJohnny君を学校へ迎えに行き、そのまま楽器店へと向かいました。その際、どこに行くのかがJohnny君にわからないように目隠しをさせたそうです。

お姉さんと共に楽器店へと足を踏み入れたJohnny君。いよいよ彼の手へと、父の愛が詰まったプレゼントとメッセージカードが渡されます。

お父さんからのプレゼントは、音楽を夢見るJohnny君がずっと憧れていた、「Dean Razorback」のギターでした。

And him receiving it. ��

Chandler Mae Crowさんの投稿 2017年6月7日

この動画は、Chandlerさんが撮影して自身のfacebookに投稿したものです。Johnny君を学校へ迎えに行ったときの画像なども投稿されてますね。

学校のシーンChandlerさんが、Johnny君を学校へと迎えに行ったシーン

車内のシーン車内で目隠しをされているJohnny君

お父さんがプレゼントを注文した楽器店は、「Port Huron Music Center(ポート・ヒューロン・ミュージック・センター)」というお店です。お話がわかりやすいように、記事内では「楽器店」と表記していますが、ここは楽器の販売や修理だけでなく、色んな楽器のレッスンも行っており、実はJohnny君もここに通っていたんですね。そして、レッスンに送り迎えしてくれていたのは、亡くなったお父さんでした。

世の多くのお父さん方は、息子が音楽の道を夢見れば「もっと堅実な道を歩いてほしい」と願うのではないかと思います。しかしJohnny君のお父さんはそうではありませんでした。息子の夢の最大の理解者であり支援者であり続けたのです。

そのお父さんが心臓発作でこの世を去る時、Johnny君は現場にいたそうです。連絡を受けて駆けつけた救急車は、残念ながらお父さんの命を救うことはできませんでした。

自分の夢を応援し続けてくれた父が、天国から送ってくれた憧れのギター。きっとJohnny君は、お父さんの愛が詰まったこのギターと共に、自分の夢へと向かって歩き続けていくことでしょう。

結婚記念日に訪れたレストランで目にした、強く優しい父親の姿
これからご紹介するお話は、某巨大掲示板に投稿された書き込みです。 とあるご夫婦が、結婚記念日に外食をすることにしました。...
最後だとわかっていたなら ~わずか10歳でこの世を去った愛する息子へ伝えきれなかった想い~
ノーマ・コーネット・マレックという女性詩人をご存知でしょうか? ケンタッキー州ラインフォーク生まれたノーマさんは、美しい...
声を失い、息子に歌を歌ってあげることも本を読んであげることも出来なくなったママの話
喉の病気で「声」を失ったお母さんがいました。息子とのコミニュケーションに不可欠な声。それを失ってしまった影響は、想像以上...
なんて心温まる企画! 定年を迎える東京メトロの駅長を労うサプライズ「THE LAST TRAIN」
今回は、定年退職を迎える東京メトロの駅長を労うサプライズ企画「THE LAST TRAIN」の動画をご紹介します。 東京...
野良犬たちに温もりを! 路上で暮らす犬たちを抱きしめるプロジェクト「ファースト・ハグ」
両腕で相手を抱きつつむ「ハグ」という愛情表現。私たち日本人には馴染みがありませんが、これほど雄弁に好意や愛情を伝えること...