あまりにも切ない愛の物語! 末期がんの男性が最後に望んだ、最愛の女性との結婚式

末期がんのためベッドに横たわったまま花嫁を見つめる花婿

フィリピンに住むRowdenさんとLeizelさんのカップルは、Rowdenさんの30歳の誕生日である、2014年7月8日に結婚することを約束していました。結婚後は、自分たちと2歳の娘との3人で幸せな家庭を築くはずでした。

しかし5月の下旬、幸せが約束されたかのように見えた二人の前に予期せぬ不幸が。夫となるRowdenさんが、医師から「ステージIVの肝臓がん」との診断を受けてしまったのです。

現代の医学ではどうすることもできないステージIVの肝臓がん。その生存確率は非常に低いとされ、Rowdenさんの病状は急速に悪化していきます。

病魔が体を蝕み、命の灯火が次第にか細くなっていく日々の中、Rowdenさんは最後の願いを口にしました。彼は自分の命の火が消えてしまう前に、2歳になるの娘の前でLeizelさんと真実の愛を誓い合いたいと、そう切望したのです。

2014年6月11日。病院の外に出ることが出来ないRowdenさんのために、病室にて結婚式が行われました。純白のドレスに身を包んだ美しい花嫁、その傍らで微笑む愛娘、そして二人を祝福するために集まった人々。結婚式は、溢れるほどの笑顔と涙に包まれました。

Una emocionante boda: Rowden y Leizel – A Wedding That Will Move You: Rowden & Leizel

式が終わってから数時間後、Rowdenさんは愛する妻と我が子を残して永遠に帰らぬ人となります。真実の愛を誓い合った二人の結婚生活は、わずか10時間という短いものでした。

末期がんのためベッドに横たわったまま花嫁とキスする花婿

あまりにも悲しく、あまりにも美しい命と愛の結末。ただただ、涙が溢れて止まりません。

Rowdenさんの安らかなるご冥福を心からお祈りいたします。

これは泣けちゃう! おもちゃのロボットと人形の恋を描いたショートフィルム
今回ご紹介するのは、おもちゃのロボットとお人形さんの恋を描いたショートフィルムです。 制作したのは、フィリピンのNPO団...
命は皆、祝福されて生まれてくるべき! 自分が父親になると知った男性たちの心温まる反応
愛し合う男女が永遠の愛を誓い合えば、やがてやってくるビッグイベントがあります。それは、二人の愛が結晶となって女性の体に宿...
なんという現実! インドの貧困家庭で生まれ育った盲目の姉妹が見た希望の光
インドの貧しい家で生まれ育ったソニアちゃん(12歳)とアニータちゃん(6歳)という姉妹がいました。二人は、生まれつき目が...
献身的な姿に涙! 足が不自由な猫の傍について、まるでボディーガードのように守り続ける野良猫
皆さんは、韓国のテレビ局「SBS」が2001年から現在(2017年9月現在)まで16年間放送し続けている「TV動物農場(...
一人娘の結婚式 ~カップルでもおかしくない年の差がある、血の繋がらない父と娘のお話~
縁あって夫婦となった、25歳の男性と33歳の女性。二人の間には、13歳になる娘さんがいました。 娘さんは奥さんの連れ子だ...