少年にとって『はじめてのともだち』であった愛犬との、悲しい別れを歌った感動曲

抱き合う犬と少年のイラスト

犬と一緒に暮らしていれば、ほぼ確実に経験せねばならない悲しい出来事があります。

言うまでもないことですが、それは愛犬との別れ。このページでは、そんな愛犬との別れを歌った『はじめてのともだち』という曲をご紹介したいと思います。

誰のことも信じられなかった少年にできたはじめての友達、二人で過ごす幸せな日々、そして、そののちにやってくる別れの時。犬や猫と暮らしたことのある方なら、涙なくして聴けない感動的な曲ですので、ぜひ聴いてみてください。

「はじめてのともだち」に絵をつけてみた。

動画内に流れるコメントで画面が見難い場合は、プレイヤー右下のボタンで非表示にしてください

この歌は、ドクターマリオのBGMである「FEVER」という曲を、ヒャダインこと前山田健一さんが編曲・作詞したものです。

ヒャダインさんはこの曲を公開してから一年後に、同じシチュエーションを犬側の視点から歌ったオリジナルのアンサーソング『はじめてのともだち ~the answer』を公開されています。

そちらの曲もとても感動的ですので、よかったら聴いてみてください。

はじめてのともだち ~the answer 【ヒャダイン】

どちらの曲も感動的すぎて涙腺崩壊です。僕も愛犬との別れを何度も経験している人間なので、涙がボロボロ溢れてしまいました。

みなさんそうだと思いますが、僕も一緒に暮らした愛犬たちとの別れは本当に悲しい思い出です。でも旅立った愛犬たちは、その悲しさの何倍もの素敵な思い出を残してくれました。

お風呂の度にみせる激しい抵抗、犠牲になった携帯の充電コード、ビニール食べて手術したこと、行方不明になって探し回ったこと、そんな数々の厄介な出来事も、今となっては大切な宝物です。

いっ、いかん、こんなこと書いてたら涙出てきたので、このへんでやめておきましょう(笑)

補足情報


Photo by Norio NAKAYAMA

前山田 健一(まえやまだ けんいち、1980年7月4日 – )は、日本のミュージシャン、音楽プロデューサー、作詞家、作曲家、編曲家である。身長169cm。
大阪府大阪市住吉区出身。歌手やタレントとして活動する際はヒャダイン名義を用いている。ファイブエイス所属。ヒャダイン名義ではスターダストプロモーション所属。

生誕:1980年7月4日
出身地:大阪府
学歴:京都大学総合人間学部卒業
ジャンル:J-POP、アニメ・声優、アイドル、コミックソング
職業:音楽プロデューサー、作詞家、作曲家、編曲家、シンガーソングライター、司会
担当楽器:ボーカル、シンセサイザー、キーボード
活動期間:2007年 –
レーベル:Lantis

最後のシーンが泣かせる! 思いやりで世界を幸せな場所にしようと活動する団体が制作した感動的なMV
以前、「Life Vest Inside」という非営利団体が制作した『Kindness Boomerang – “One...
自分の命は自分ひとりのものじゃない! 自殺を考えていた頃に母からかかってきた電話
某巨大掲示板に、ちょうど自殺を考えていた頃にお母さんからかかってきた電話の話しを書き込んだ人がいました。 その電話での会...
かわいそうなぞう ~戦争の犠牲となった3頭のゾウの物語~
「戦時猛獣処分(せんじもうじゅうしょぶん)」という言葉を聞いたことがあるでしょうか? これは、戦争時に空襲などで動物園の...
娘への深い愛情に感動! お母さんの顔に大きな火傷の痕がある理由
子供というのは、自分のお母さんが他所のお母さんよりも若くてキレイだとちょっと鼻高々になるもの。でもその逆の場合は、友達に...
健気な愛情にホロリ! 幼い女の子の悪戯に隠れていた、お母さんへの深い深い愛情
子供というのは、時々とんでもない悪戯をやらかして大人を困らせてくれたりします。 でも、そうした子供の悪戯には悪意は込めら...