少年にとって『はじめてのともだち』であった愛犬との、悲しい別れを歌った感動曲

抱き合う犬と少年のイラスト

犬と一緒に暮らしていれば、ほぼ確実に経験せねばならない悲しい出来事があります。

言うまでもないことですが、それは愛犬との別れ。このページでは、そんな愛犬との別れを歌った『はじめてのともだち』という曲をご紹介したいと思います。

誰のことも信じられなかった少年にできたはじめての友達、二人で過ごす幸せな日々、そして、そののちにやってくる別れの時。犬や猫と暮らしたことのある方なら、涙なくして聴けない感動的な曲ですので、ぜひ聴いてみてください。

「はじめてのともだち」に絵をつけてみた。

動画内に流れるコメントで画面が見難い場合は、プレイヤー右下のボタンで非表示にしてください

この歌は、ドクターマリオのBGMである「FEVER」という曲を、ヒャダインこと前山田健一さんが編曲・作詞したものです。

ヒャダインさんはこの曲を公開してから一年後に、同じシチュエーションを犬側の視点から歌ったオリジナルのアンサーソング『はじめてのともだち ~the answer』を公開されています。

そちらの曲もとても感動的ですので、よかったら聴いてみてください。

はじめてのともだち ~the answer 【ヒャダイン】

どちらの曲も感動的すぎて涙腺崩壊です。僕も愛犬との別れを何度も経験している人間なので、涙がボロボロ溢れてしまいました。

みなさんそうだと思いますが、僕も一緒に暮らした愛犬たちとの別れは本当に悲しい思い出です。でも旅立った愛犬たちは、その悲しさの何倍もの素敵な思い出を残してくれました。

お風呂の度にみせる激しい抵抗、犠牲になった携帯の充電コード、ビニール食べて手術したこと、行方不明になって探し回ったこと、そんな数々の厄介な出来事も、今となっては大切な宝物です。

いっ、いかん、こんなこと書いてたら涙出てきたので、このへんでやめておきましょう(笑)

補足情報


Photo by Norio NAKAYAMA

前山田 健一(まえやまだ けんいち、1980年7月4日 – )は、日本のミュージシャン、音楽プロデューサー、作詞家、作曲家、編曲家である。身長169cm。
大阪府大阪市住吉区出身。歌手やタレントとして活動する際はヒャダイン名義を用いている。ファイブエイス所属。ヒャダイン名義ではスターダストプロモーション所属。

生誕:1980年7月4日
出身地:大阪府
学歴:京都大学総合人間学部卒業
ジャンル:J-POP、アニメ・声優、アイドル、コミックソング
職業:音楽プロデューサー、作詞家、作曲家、編曲家、シンガーソングライター、司会
担当楽器:ボーカル、シンセサイザー、キーボード
活動期間:2007年 –
レーベル:Lantis

奥さんと手をつないで歩きながら、「ぼかぁ、しあわせだなぁ」と加山雄三状態になった話
某巨大掲示板に書き込まれた、とある休日のお話。 夫婦揃ってブラリとお出かけ。特に変わった出来事があったわけでもオチがある...
野良犬たちに温もりを! 路上で暮らす犬たちを抱きしめるプロジェクト「ファースト・ハグ」
両腕で相手を抱きつつむ「ハグ」という愛情表現。私たち日本人には馴染みがありませんが、これほど雄弁に好意や愛情を伝えること...
お父さんの反応が泣ける! 結婚式のサプライズで、3歳の頃に録音された娘の声を聞いた新婦の父親
結婚式というものは、新しく夫婦となった男女の門出を皆で祝うおめでたい席です。しかし新婦のお父さんにとっては、おめでたい席...
献身的な姿に涙! 足が不自由な猫の傍について、まるでボディーガードのように守り続ける野良猫
皆さんは、韓国のテレビ局「SBS」が2001年から現在(2017年9月現在)まで16年間放送し続けている「TV動物農場(...
世界がもし100人の村だったら ~世界の問題を身近に感じさせてくれる感動チェーンメール~
「世界がもし100人の村だったら」というチェーンメールをご存知でしょうか? このチェーンメールは2001年前後から世界に...