自分の命は自分ひとりのものじゃない! 自殺を考えていた頃に母からかかってきた電話

某巨大掲示板に、ちょうど自殺を考えていた頃にお母さんからかかってきた電話の話しを書き込んだ人がいました。

その電話での会話は非常に短いものでしたが、書き込みの主は何かを強く感じたようです。

自殺考えていた頃におふくろから電話

( ´・ω・`) 「かあさん・・・。オレが生まれた時どう思った・・・?」

(゚-゚*)  「そうねえ・・・。やっと会えたねって・・。それから・・。」

( ´・ω・`) 「・・・・・・?」
       
(゚-゚*) 「この子の為なら自分の命は捨てられるって思ったかなww」

Σ( ´・ω・`) 

( ´:ω;`) 「・・・・・・・・・・。」

(゚-゚*) 「・・・・・?どうしたの アンタ?」

( ´・ω・`) 「な・・・なんでもないよ じゃあね・・・。」

電話切ったあとひたすら泣いた・・・・。オレに自殺する権利などない・・・・。

オレは生きる・・・・。せめて親が死ぬより後に

「この子の為なら自分の命は捨てられる」。

そんな母の言葉を聞いて、己の命がそれほどまでの思いで育んでもらった命であると知ったレス主さん。そんな命を、おいそれとは捨てられないですよね。

レス主さんとお母さんが交わした短い会話を読んで、「自分の命は、自分ひとりのものではない」ということを強く実感させらました。

こんな僕の命にも、きっと色んな人達からの強い思いが詰まっているのだろうと思います。

自分の命は自分ひとりのものじゃない! 自殺を考えていた頃に母からかかってきた電話
某巨大掲示板に、ちょうど自殺を考えていた頃にお母さんからかかってきた電話の話しを書き込んだ人がいました。 その電話での会...
ネット上の泣ける都市伝説 トムとジェリー幻の最終回
今回は、日本でも人気の高い米国アニメ「トムとジェリー」に纏わるお話をご紹介します。 このアニメは、1940年から次々と続...
とても犬を怖がっていた少女が、獣医になろうと決意した理由(タイの感動CM)
今回は、Krung Thai Bank(クルン・タイ銀行)の感動CMをご紹介したいと思います。 物語の背景 車に轢かれて...
お父さんの小さな告白 ~子供の頃にあった小さな小さな出来事に纏わるお話~
親というものは、子供についてのことをよく覚えているものです。特に、子供を傷つけてしまったり悲しませてしまったりした時のこ...
世界がもし100人の村だったら ~世界の問題を身近に感じさせてくれる感動チェーンメール~
「世界がもし100人の村だったら」というチェーンメールをご存知でしょうか? このチェーンメールは2001年前後から世界に...