自分の命は自分ひとりのものじゃない! 自殺を考えていた頃に母からかかってきた電話

某巨大掲示板に、ちょうど自殺を考えていた頃にお母さんからかかってきた電話の話しを書き込んだ人がいました。

その電話での会話は非常に短いものでしたが、書き込みの主は何かを強く感じたようです。

自殺考えていた頃におふくろから電話

( ´・ω・`) 「かあさん・・・。オレが生まれた時どう思った・・・?」

(゚-゚*)  「そうねえ・・・。やっと会えたねって・・。それから・・。」

( ´・ω・`) 「・・・・・・?」
       
(゚-゚*) 「この子の為なら自分の命は捨てられるって思ったかなww」

Σ( ´・ω・`) 

( ´:ω;`) 「・・・・・・・・・・。」

(゚-゚*) 「・・・・・?どうしたの アンタ?」

( ´・ω・`) 「な・・・なんでもないよ じゃあね・・・。」

電話切ったあとひたすら泣いた・・・・。オレに自殺する権利などない・・・・。

オレは生きる・・・・。せめて親が死ぬより後に

「この子の為なら自分の命は捨てられる」。

そんな母の言葉を聞いて、己の命がそれほどまでの思いで育んでもらった命であると知ったレス主さん。そんな命を、おいそれとは捨てられないですよね。

レス主さんとお母さんが交わした短い会話を読んで、「自分の命は、自分ひとりのものではない」ということを強く実感させらました。

こんな僕の命にも、きっと色んな人達からの強い思いが詰まっているのだろうと思います。

もらい泣きしてしまう… 色覚異常の方々が、はじめて世界の鮮やかさを目にした瞬間
以前、聴覚障害者の方々がはじめて音を聞いた瞬間の動画をご紹介したことがありますが、今回は色覚異常(Colour Blin...
なんという現実! インドの貧困家庭で生まれ育った盲目の姉妹が見た希望の光
インドの貧しい家で生まれ育ったソニアちゃん(12歳)とアニータちゃん(6歳)という姉妹がいました。二人は、生まれつき目が...
あまりにも切ない愛の物語! 末期がんの男性が最後に望んだ、最愛の女性との結婚式
フィリピンに住むRowdenさんとLeizelさんのカップルは、Rowdenさんの30歳の誕生日である、2014年7月8...
無償の愛にホロリ! 老いて手足が不自由になったおじいちゃんと孫のお話
人は誰でも歳を取っていきます。そして好むと好まざるとに関わらず、徐々に体が思うように動かなくなっていくのです。 これから...
最後だとわかっていたなら ~わずか10歳でこの世を去った愛する息子へ伝えきれなかった想い~
ノーマ・コーネット・マレックという女性詩人をご存知でしょうか? ケンタッキー州ラインフォーク生まれたノーマさんは、美しい...