無償の愛にホロリ! 老いて手足が不自由になったおじいちゃんと孫のお話

おじいちゃんを見つめる孫

Photo by Kohei Uesaka

人は誰でも歳を取っていきます。そして好むと好まざるとに関わらず、徐々に体が思うように動かなくなっていくのです。

これからご紹介するお話は、老いによって手足が不自由になったおじいちゃんと、そのお孫さんのお話です。

おじいちゃんは老いから手足が不自由でトイレも1人では厳しい。
だから、いつもはおばあちゃんが下の世話をしてた。
おばあちゃん以外が下の世話をするの嫌がったからだ。

ある日、家に私とおじいちゃん2人になった。
おばあちゃんが倒れてしまい母と兄は病院、父は会社から直行したからだ。
おじいちゃんと留守番してると申し訳なさそうに
「喪喪ちゃん、悪いんだがトイレに…」って言った。

私は本当に馬鹿だなって思った。
一人じゃ行けないの知ってたくせに気が付いてあげられないなんて
孫、それも女には言いづらかっただろうなって。
トイレに行くとパンパースが小と大で汚れてた。
たくさん我慢させてしまった。

私はおじいちゃんの気を反らそうと学校であった笑い話を精一杯明るく話した。
お風呂場で体を洗ってパンパースつけてホッとした。
同時におばあちゃんは毎日これをしてるんだと思うと何とも言えない気持ちになった。

そして「悪かったね、ありがとう」って五千円をくれようとした。

おじいちゃんは本当に馬鹿だなって思った。
私が赤ちゃんの時、両親は共働きでした。
おしめを変えて育ててくれたのは貴方じゃないですか。
幼稚園だって塾の送り迎えだってしてくれたのは貴方じゃないですか。
あれは無償の愛でしょ?
私はおじいちゃんが大好きだよ?だからお金なんかいらないんだよって言った。
2人してちょっと泣いた。
その日からは介護の人を頼んだり、家族にも頼ってくれたりでおばあちゃんの負担も減った。

このお話は、某巨大掲示板に投稿された書き込みです。僕はこれを読んで、感動のあまり泣いてしまいました。書き込みの最後では「おばあちゃんの負担も減った」とおっしゃってますので、倒れたおばあちゃんには大事がなかったみたいで本当に良かったです。

冒頭でも書きましたが、人は誰でも歳を取り、体が動かなくなってきます。もちろんその程度には個人差がありますが、誰でも確実に体の機能が低下していくのです。しかし、若いうちはそれがわからずに、ついつい老化した身内を責めたり重荷に感じたりしてしまうことがあります。

人間、自分が経験したこと以外は中々現実として捉えるのが難しいものですので、こうしたことが起こるのは無理ないことなのかもしれません。でも自分の無理解によって、知らず知らずのうちに大切な身内を傷つけてしまうとすれば、これは大変悲しいことです。

今は想像もできなくても、誰でも必ず老いていきます。そして、その時必ず「人は歳を取ると体が思うように動かなくなる。筋力も反射神経も判断力も記憶力も、何もかも低下するのだ」ということを実感するでしょう。そうなった時に思うのは、間違いなく「あの時お父さんお母さん、おじいちゃんおばあちゃんに、もっと優しい言葉をかけてあげればよかった」という後悔の念だと思うのです。

「孝行のしたい時分に親はなし」などといいます。段々と老いていく大切な身内には、その生命があるうちに恩返ししておきたいものですね。

老人の手を握る手
涙のホームルーム ~修学旅行に行けないクラスメイトのために、先生がしたある提案~
とある人が高校生の頃、経済的な理由で修学旅行に行けないクラスメイトがいました。すると先生は数人の生徒を放課後に呼び出して...
振り子を止めようとする姿に号泣! 鉄拳さんの感動パラパラ漫画デビュー作「振り子」(3バージョン)
お笑い芸人の鉄拳さんといえば、今では芸人というよりパラパラ漫画家としての地位を確立した感があります。 その彼のデビュー作...
当時中学生だった弟が、学校帰りに床屋で丸坊主にしてきた意外な理由
当時中学生だった弟が、学校の帰りに床屋に寄って丸坊主になって帰ってきました。 その頭を見て兄は一体どうしたのだろうかと思...
自分の命は自分ひとりのものじゃない! 自殺を考えていた頃に母からかかってきた電話
某巨大掲示板に、ちょうど自殺を考えていた頃にお母さんからかかってきた電話の話しを書き込んだ人がいました。 その電話での会...
『またどこかで会おうね』 ~ある方が以前勤務していた病院で見たご家族のお話~
これからご紹介するのは、ある方が病院で見たご家族のお話です。 病院で働いていたその方は、掃除をするためにある病室へと入り...