無邪気な一言に感動! とあるお母さんが、5歳になった娘から言われてとても嬉しかった言葉

上の画像は、とある5歳の娘さんが、風邪をひいて体調が優れないママを励ますために書いた手紙です。ご紹介するエピソードの親子とは関係ありません。

僕には子供はおりませんが、親子ほども年の離れた弟や妹達が4人います。なので、子供もいないのに子育ての大変さを多少知っています。

その経験からすると、子供の世話というのは本当にハードです。子供は大人の都合などお構いなしで泣きわめいたりしますので、そういう時は本気で腹が立ったりもします。

これからご紹介するのは、そんな子育ての苦労を味わってきたお母さんが、某巨大掲示板に書き込んだコメントです。

初めてのあかちゃんに無我夢中だった。
ろくに眠らず、夜鳴きもひどかった娘。

へとへとに疲れはてて、抱っこでゆすりながら
「あんたはママを苦しめたいの?ほんとにひどい子だ」と悪態をついた日々。

赤ん坊の気持ちなんて、全然わからない。
母親の自信なんて、みじんもない。ただ、もがくだけの日々。

あれから数年たって、娘は五歳になった。
「あのね、ママ」(もじもじ)
「なぁに」

「あたしね、ママのこと、生まれたときからすきだったの」

あの頃の私が一番聞きたかった言葉。
やっと聞けた。こっそり台所で泣いた。

こちらのページでも書いたことですが、子育てというのは本当に大変ですので、そこに子供に対する愛情がなければただの拷問です。世のお母さん方は、みんな子供に対する深い愛情を原動力に、辛い子育てを乗り切っていくのでしょうね。

どんな苦労も乗り越えさせてくれるほど愛しい我が子。その我が子が伝えてくれた「生まれたときからすきだったの」という無邪気で愛情あふれる言葉。

お母さんににとっては、過去の苦労もこれからの苦労も全部帳消しにしてくれるほど、嬉しい言葉だったろうと思います。

パパを思う娘の気持ちが泣ける! メットライフ香港の感動CM「パパは嘘つき」(日本語字幕付き)
お互いをかけがえのない存在と感じている二人暮らしの父と娘がいました。ある日、娘が書いた「私のパパの話」という作文が、小学...
当時中学生だった弟が、学校帰りに床屋で丸坊主にしてきた意外な理由
当時中学生だった弟が、学校の帰りに床屋に寄って丸坊主になって帰ってきました。 その頭を見て兄は一体どうしたのだろうかと思...
300kmの道のり ~パイロットになるという少女の夢を救ったトラックの運転手さん~
パイロットになるという夢を持つ埼玉県の少女が、石川県輪島市にある航空高校を受験するため入試前日から母親と共に電車に乗り込...
献身的な姿に涙! 足が不自由な猫の傍について、まるでボディーガードのように守り続ける野良猫
皆さんは、韓国のテレビ局「SBS」が2001年から現在(2017年9月現在)まで16年間放送し続けている「TV動物農場(...
最後だとわかっていたなら ~わずか10歳でこの世を去った愛する息子へ伝えきれなかった想い~
ノーマ・コーネット・マレックという女性詩人をご存知でしょうか? ケンタッキー州ラインフォーク生まれたノーマさんは、美しい...