戸籍謄本を見て自分が養子であると知った時、父の口から飛び出した意外な言葉

戸籍謄本

Photo by ふぉと

これからご紹介するお話は、某巨大掲示板の「今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験」というスレッドに書き込まれたお話です。

レス主さんは、10年前パスポートが必要になり戸籍謄本を取りました。するとそこには思いもよらぬ事実の記載が。

驚いたレス主さんは、さっそくその事実について両親に問いただしたのですが、両親から返ってきた答えは衝撃的なものでした。

月並み?だが、自分が養子だった事。
高校の修学旅行でパスポートが必要になり、戸籍謄本を取った時に愕然とした。
その日は何も手に付かず、夕飯で両親が揃った時、思い切って問いただした。

最初は鳩が豆鉄砲食らったような顔をしてた父が、みるみる目と口を開いていき。
「忘れてた!!」
今度は私が豆鉄砲を食らいました。

結婚当時、子宝に恵まれず、まだ赤ん坊だった私を施設から引き取った事。
年頃になったら説明しなきゃいけないなあ…と思いつつ、3人で生活している内に養子という意識も薄れ、私が中学生になった頃にはすっかり頭から抜け落ちていた事。

「いや、小学校卒業した時に説明するかどうか悩んだ記憶があるから、それまでは覚えてたんだよ」
などとしどろもどろで言い訳する両親を見てると、ああ、二人は間違いなく私の両親なんだなあと思えて、なんだか泣き笑いになってしまった。

あれから10年近く経つけど、私たちの関係に変わりはない。
今日が両親の結婚記念日だったので、ふと思い出した。

ちょっとコミカルで、すごく温かくって、なんとも素敵なお話ですね。お父さんの口から「忘れてた!!」というセリフが出てきたところでは顔がニヤけてしまいました。

この体験を書き込んだあとにレス主さんは、「本来は事実をどう説明するかで四苦八苦するだろうに、まさか忘れていた事への言い訳に四苦八苦されるとは思いもしませんでした。」と書き込んでらっしゃいました。そうなんですよ、そこ僕も同じこと思いましたね。オロオロするポイントがズレてるだろうと(笑)

僕は思うんですが、子供が養子であるという事実を忘れてしまうということは、それだけ「養子」であることにこだわりがなかったということなんだと思います。血の繋がりなんて、きっとこのご両親にとってはどうでもいいことだったのでしょうね。

スレッドの中では、この体験談を読んだ方の1人がレス主さんに「生みの親に会いたいとは思わない?」と質問していました。それに対して、体験談のレス主さんはこう話しています。

以下は書き込みからの抜粋です。

当時、ちょっと興味がありました。そこで正直に両親に伝えました。
そこで私の拾われた当時の事を詳しく聞きました。

結婚当初、近くに私が拾われた施設があり、従来子供が好きなのもあって母はよく近所付き合いがてらボランティアでよく通っていたそうです。
その日、朝から施設内が忙しなかったので「どうしたの?」と尋ねると、生後間もないであろう赤ちゃんが捨てられていたと。
職員にあやされている所に会わせて貰い、抱かせて貰ったら、その赤ちゃんはひしと母にしがみついて離れようとしなかったそうです。
自分を頼ってくれていると思った母はその場で引き取る宣言をし、後日父を伴って正式に養子にする手続きを進めました。その日が私の誕生日になりました。

私はバスタオルに包まれ、大きなバッグに入れられていたそうで、名前はおろか書置きすらなかったそうです。
「何も分からなくて済まない」と当時は謝られましたが、もう何も気になりませんでした。

お母さんにしがみついて離れようとしなかった赤ちゃん。それを見て、その場で我が子として迎え入れる決意をしたお母さん。なんというか、レス主さん親子はもともと親子となるよう、目に見えない絆で結ばれてたんじゃないかなって気がします。

つながれたお母さんと赤ちゃんの手

そんな見えない絆で結ばれた親子だからこそ、ご両親は養子であることを忘れてしまった。そしてその忘れてしまったという事実は、血の繋がりよりも遥かに濃厚な「親子の絆」を、レス主さんに感じさせたことだろうと思います。

最後だとわかっていたなら ~わずか10歳でこの世を去った愛する息子へ伝えきれなかった想い~
ノーマ・コーネット・マレックという女性詩人をご存知でしょうか? ケンタッキー州ラインフォーク生まれたノーマさんは、美しい...
涙のホームルーム ~修学旅行に行けないクラスメイトのために、先生がしたある提案~
とある人が高校生の頃、経済的な理由で修学旅行に行けないクラスメイトがいました。すると先生は数人の生徒を放課後に呼び出して...
今日、娘が天国に ~生まれてからわずか5時間でこの世を去った娘~
2011年の12月31日の大晦日。某巨大掲示板にあるスレッドが立ちました。スレッドのタイトルは、「今日娘が天国に」という...
結婚記念日に訪れたレストランで目にした、強く優しい父親の姿
これからご紹介するお話は、某巨大掲示板に投稿された書き込みです。 とあるご夫婦が、結婚記念日に外食をすることにしました。...
一人娘の結婚式 ~カップルでもおかしくない年の差がある、血の繋がらない父と娘のお話~
縁あって夫婦となった、25歳の男性と33歳の女性。二人の間には、13歳になる娘さんがいました。 娘さんは奥さんの連れ子だ...