結婚記念日に訪れたレストランで目にした、強く優しい父親の姿

レストランで食事している男女

Photo by PRO[cipher]

これからご紹介するお話は、某巨大掲示板に投稿された書き込みです。

とあるご夫婦が、結婚記念日に外食をすることにしました。訪れたレストランは割りと混雑して騒がしく、その中に一際騒がしい家族連れの姿がありました。

ご夫婦はその騒がしさにちょっと苦笑していたのですが、その内に家族連れの様子がなんだかおかしいことに気づきます。

ちょっと泣けた夜だったんで書いてみます。

今日は結婚記念日でカミさんと外食した。

レストランはそこそこに混んでいてガヤガヤうるさかった。 特に隣の家族がうるさくって、カミさんとちょっと顔を見合わせて苦笑いをしたぐらいだった。

父親が子供にいろいろ質問しては笑い、っていうのがえんえん続いてこっちもうんざりしてた。 しかも、その父親がやたらと大きく咳き込むので実際鬱陶しかった。

しばらくすると、ウチのカミさんがその家族の父親を見て、「ちょっとあのお父さん見て」と 言うので、見つめるのも失礼なので向いの鏡越しに彼の後姿をみてみた。

咳き込むたびに ハンカチを口に当てていて、それをポケットにしまうのが見えた。ハンカチは血だらけだった。 咳き込んだあとは赤ワインを口に含んで子供たちにばれないよう大声で笑いごまかしていた。

向いに座っていた彼の奥さんは笑っていたが、今にも泣きそうな顔をしていた。 奥さんはどうやら事情を知っているみたいだった。その父親が何らかの重い病気なのは明らかだった。うちのカミさんはちょっともらい涙していた。

帰りに俺は無神経にも「今日はなんか暗い結婚記念日になっちゃったな。台無しだよな」 とカミさんにいった。

カミさんはちょっと沈黙を置いて、
「かっこよかったじゃんあのお父さん。ああいうお父さんになってね」
って涙声で俺に言った。俺もちょっと泣いた。

重い病を押してまで家族との思い出を作ろうとするお父さん。詳細はわかりませんので想像ですが、きっとこのお父さんは自分の家族に、少しでも多くの楽しい思い出を残そうとしてるのではないかと思います。

子供たちを心配させまいと必死に病を隠す、強く優しいお父さん。彼の家族に対する愛情と切ない想いに、涙が溢れます。

下された判決にホロリ!1匹の犬を巡る模擬裁判で、本当の飼い主を判明させた意外な方法
皆さんはアメリカのCBSが放送している「ジャッジ・ジュディー(Judge Judy)」という番組をご存知でしょうか? こ...
『またどこかで会おうね』 ~ある方が以前勤務していた病院で見たご家族のお話~
これからご紹介するのは、ある方が病院で見たご家族のお話です。 病院で働いていたその方は、掃除をするためにある病室へと入り...
自分の命は自分ひとりのものじゃない! 自殺を考えていた頃に母からかかってきた電話
某巨大掲示板に、ちょうど自殺を考えていた頃にお母さんからかかってきた電話の話しを書き込んだ人がいました。 その電話での会...
ネット上の泣ける都市伝説 トムとジェリー幻の最終回
今回は、日本でも人気の高い米国アニメ「トムとジェリー」に纏わるお話をご紹介します。 このアニメは、1940年から次々と続...
自分の子供の頃を思い出す! 夏休みに自転車で小旅行に出掛けたときの思い出
誰もが持っているであろう夏休みの思い出。大人になってからしみじみと思い出すセピア色の記憶。 これから紹介するお話は、泣け...