結婚記念日に訪れたレストランで目にした、強く優しい父親の姿

レストランで食事している男女

Photo by PRO[cipher]

これからご紹介するお話は、某巨大掲示板に投稿された書き込みです。

とあるご夫婦が、結婚記念日に外食をすることにしました。訪れたレストランは割りと混雑して騒がしく、その中に一際騒がしい家族連れの姿がありました。

ご夫婦はその騒がしさにちょっと苦笑していたのですが、その内に家族連れの様子がなんだかおかしいことに気づきます。

ちょっと泣けた夜だったんで書いてみます。

今日は結婚記念日でカミさんと外食した。

レストランはそこそこに混んでいてガヤガヤうるさかった。 特に隣の家族がうるさくって、カミさんとちょっと顔を見合わせて苦笑いをしたぐらいだった。

父親が子供にいろいろ質問しては笑い、っていうのがえんえん続いてこっちもうんざりしてた。 しかも、その父親がやたらと大きく咳き込むので実際鬱陶しかった。

しばらくすると、ウチのカミさんがその家族の父親を見て、「ちょっとあのお父さん見て」と 言うので、見つめるのも失礼なので向いの鏡越しに彼の後姿をみてみた。

咳き込むたびに ハンカチを口に当てていて、それをポケットにしまうのが見えた。ハンカチは血だらけだった。 咳き込んだあとは赤ワインを口に含んで子供たちにばれないよう大声で笑いごまかしていた。

向いに座っていた彼の奥さんは笑っていたが、今にも泣きそうな顔をしていた。 奥さんはどうやら事情を知っているみたいだった。その父親が何らかの重い病気なのは明らかだった。うちのカミさんはちょっともらい涙していた。

帰りに俺は無神経にも「今日はなんか暗い結婚記念日になっちゃったな。台無しだよな」 とカミさんにいった。

カミさんはちょっと沈黙を置いて、
「かっこよかったじゃんあのお父さん。ああいうお父さんになってね」
って涙声で俺に言った。俺もちょっと泣いた。

重い病を押してまで家族との思い出を作ろうとするお父さん。詳細はわかりませんので想像ですが、きっとこのお父さんは自分の家族に、少しでも多くの楽しい思い出を残そうとしてるのではないかと思います。

子供たちを心配させまいと必死に病を隠す、強く優しいお父さん。彼の家族に対する愛情と切ない想いに、涙が溢れます。

今日、娘が天国に ~生まれてからわずか5時間でこの世を去った娘~
2011年の12月31日の大晦日。某巨大掲示板にあるスレッドが立ちました。スレッドのタイトルは、「今日娘が天国に」という...
あなたは自分が思うより美しい! 世界中で反響を呼んだ「ダヴ(Dove)」の感動バイラルムービー
1957年に米国で生まれたパーソナル・ケア製品ブランド「ダヴ(Dove)」が、2004年から継続的に行っている「リアルビ...
なんという現実! インドの貧困家庭で生まれ育った盲目の姉妹が見た希望の光
インドの貧しい家で生まれ育ったソニアちゃん(12歳)とアニータちゃん(6歳)という姉妹がいました。二人は、生まれつき目が...
なんて心温まる企画! 定年を迎える東京メトロの駅長を労うサプライズ「THE LAST TRAIN」
今回は、定年退職を迎える東京メトロの駅長を労うサプライズ企画「THE LAST TRAIN」の動画をご紹介します。 東京...
お母さんって偉大だ! 認知症を患ってしまった母親とその家族を描いた「銀のさら」の感動CM
大手宅配寿司チェーンの「銀のさら」。ここのCMは、おもしろくて笑えるCMが多いことで知られていますが、中にはとっても感動...