300kmの道のり ~パイロットになるという少女の夢を救ったトラックの運転手さん~

積雪に埋もれた電車

Photo by NINA

パイロットになるという夢を持つ埼玉県の少女が、石川県輪島市にある航空高校を受験するため入試前日から母親と共に電車に乗り込みました。

ところが、この日は大雪による積雪のため、電車は途中でストップ。航空高校までの道のりは、まだ300kmもありました。

このままでは入試に間に合わないという絶体絶命の状況でしたが、母は娘の夢を守るため決してあきらめませんでした。

2010年02月 感動実話 ~300kmの道のり~

このお話は、あるラジオ番組で取り上げられた実話で、新聞に掲載された内容からも一部抜粋されています。

なりふり構わず娘の夢を守ろうとするお母さん。赤の他人のために300kmもの道のりを走ってくれたトラック運転手さん。親の愛情と人の優しさに、すごく感動させられました。

この親切なトラック運転手さんが、某テレビ番組の取材に応じなかった理由がなんともカッコイイですね。

「たいそうな事をした訳じゃないから」

あんまりカッコよすぎて涙が出ました。僕もこんな男でありたいと、心の底から思います。

奥さんと手をつないで歩きながら、「ぼかぁ、しあわせだなぁ」と加山雄三状態になった話
某巨大掲示板に書き込まれた、とある休日のお話。 夫婦揃ってブラリとお出かけ。特に変わった出来事があったわけでもオチがある...
ネット上の泣ける都市伝説 トムとジェリー幻の最終回
今回は、日本でも人気の高い米国アニメ「トムとジェリー」に纏わるお話をご紹介します。 このアニメは、1940年から次々と続...
なんという現実! インドの貧困家庭で生まれ育った盲目の姉妹が見た希望の光
インドの貧しい家で生まれ育ったソニアちゃん(12歳)とアニータちゃん(6歳)という姉妹がいました。二人は、生まれつき目が...
日本赤十字社大阪府支部が制作した活動記録映像「私たちの想い」
これからご紹介する動画は、「私たちの想い」と題された日本赤十字社の活動記録映像です。 この映像は、2010年に日本赤十字...
なんだか胸が痛くなる! 母子家庭で貧乏だったためカメラを買えなかった親子のお話
「親の心子知らず」という言葉がありますが、子供というのは親の深い愛情も理解せずに勝手気ままに振る舞うものです。 これから...