見ることができなかったサーカス ~列に並んでいる時に見かけた10人家族のお話~

サーカスのテント小屋

Photo by fsse8info

これからご紹介するのは海外のお話です。

サーカスの入場券を買うため、父親と共に長い列に並んでいた十代の少年。その前には、親子合わせて10人もいる印象的な家族が並んでいました。

列は進み、やがて少年の前に並んでいるご家族の順番がやってきました。その時、予想していなかった出来事が起こるのです。

私がまだ十代のころのことです。
サーカスの入場券を買うために、父と私は長い列に並んで順番を待っていました。
ようやく、私たちの前にいるのは、あと一家族だけとなりました。

私はその家族に強く心を引かれました。
その家族には子どもが8人もいて、いちばん年上の子どもでも12歳ぐらいにしか見えません。
あまり裕福そうではなく、着ている服も上等とはいえませんが、きれいに洗濯されています。
そして、行儀よく手をつないで、両親の後ろにきちんと二列に並んでいました。
期待に胸をはずませた子どもたちは、ピエロのこと、象のこと、
そして今から見るいろいろな演技のことを、嬉しそうに話していました。

どうやら、サーカスを見るのはこれが初めてのようです。
子どもたちにとって、今日のサーカスは生涯残る素晴らしい思い出となることでしょう。
子どもたちの前には、両親がとても誇らしげに立っていました。

妻は夫の手をしっかりと握って夫を見上げ、
夫も暖かいほほ笑みを浮かべて、妻を見つめ返していました。

売場の女性が、入場券の枚数をたずねました。
父親は胸を張って答えます。

「子ども8枚と大人2枚ください。これで家族にサーカスを見せてやれますよ」

入場券の合計金額が告げられました。
すると、妻は夫の手を離し、黙ってうつむいてしまいました。
夫のくちびるも震えています。

彼は、また聞き返しました。
 
「いくらですって?」

売場の女性は、もう一度答えました。
その父親には、それだけのお金がなかったのです。
サーカスを見るにはお金が足りないということを、後ろにいる8人の子どもたちに、どうやって告げようというのでしょう。

ことのなりゆきを見ていた私の父は、ズボンのポケットに手を入れました。
そして20ドル札を取り出し、なにげなく落としました。

父は腰をかがめてそのお札を拾い上げ、その前の男の肩を軽くたたいて、こう言いました。

「失礼ですが、ポケットからこれが落ちましたよ」

その男は、わたしの父が何をしようとしているのか、すぐに察しました。
彼は人からほどこしを受けるような人ではなかったかもしれません。
でも、その時は、私の父の助けを心から感謝して受け取ったのです。

20ドル札を差し出す父の手を両手でかたく握りしめ、その目をじっと見つめました。
くちびるは震え、ほおには涙が伝わり落ちています。

「ありがとう。ありがとうございます。これで助かります」

父と私は車に戻ると、そのまま家に帰りました。
その晩、私たちはサーカスを見ることはできませんでした。

でも、それでよかったのです。

ダイヤモンド社『こころのチキンスープ2』より ダン・クラーク

このお話は、米国の会社が出版した『Chicken Soup for the Preteen Soul 2』という本に収録されていたエピソードです。同書は日本語に翻訳され、ダイヤモンド社から『こころのチキンスープ 2』というタイトルで出版されています。

実は僕、この手の話にすごく弱くて、「失礼ですが、ポケットからこれが落ちましたよ」というセリフを読んだ瞬間に感動のあまり泣いてしまいました。

僕はいつも、20ドルを渡したお父さんのような人間でありたいと思っています。でもそれはとても難しいことで、いざ同じ場面に遭遇してもこのお父さんのような行動をとれるかどうか自信がありません。

やはり見ず知らずの人に現金を渡すというのは、どうしても「余計なおせっかいでは?」と心配になってしまいます。相手の受け止め方によっては、酷くプライドを傷つけてしまうかもしれないからです。

それに、サーカスを見るために並んでいる自分の子供のことも考えてしまいます。自分の子供とてサーカスへの期待に胸を膨らませているわけですから、やはり肉親の情として、我が子を優先したくなるものではないかと思います(僕に子供はいませんので想像ですが…)。

しかしこのお父さんは、我が子でなく見ず知らずの子供と、そのご両親の気持ちを優先しました。そして当の息子さんは、そのお父さんの行為に対して「それでよかったのです」とおっしゃっています。

我が子と他人の子を天秤にかけて、他人の子供を優先するという行動が正しいのかと言われればそれはわかりません。ですが、お父さんには多分「息子はちゃんとわかってくれる」という確信があったのではないかと思います。そうでなければ、息子の目の前で他人の子供を優先するなんてことできるはずありませんから。

きっとサーカスを見れなかった少年は、自分のお父さんの行動を誇らしく感じたことでしょう。そしてこの時の経験は、サーカスを見ることよりも遥かに大きな何かを、少年の心にもたらしたことだろうと思います。

「その晩、私たちはサーカスを見ることはできませんでした。でも、それでよかったのです。」

エピソードの最後に記されているこの言葉。そのあまりの美しさに、心が震えます。

こころのチキンスープシリーズ【楽天】
こころのチキンスープシリーズ【Amazon】

なんと高潔な自己犠牲の精神! 命が危ない極限状態で、己の命より他者の命を優先した自衛隊員さん達の話
記事公開日:2018年1月26日 23日の午前、群馬県の草津白根山が噴火し、草津国際スキー場で雪上訓練中だった自衛隊員の...
しゅん君の夢 ~不治の病に侵された少年の、たった一つの願い~
ある小児癌病棟で脳腫瘍と戦うしゅん君という男の子がいました。彼は重い病に侵されているにもかかわらず、周囲に対する気遣いを...
少年が笑われても笑われても下手なギターを弾き続ける切ない理由(タイの感動CM)
ギターは弾けるけど、その演奏はお世辞にも上手とはいえない少年がいました。彼は、ひとりひっそりと練習に励んでもいたのですが...
当時中学生だった弟が、学校帰りに床屋で丸坊主にしてきた意外な理由
当時中学生だった弟が、学校の帰りに床屋に寄って丸坊主になって帰ってきました。 その頭を見て兄は一体どうしたのだろうかと思...
とても犬を怖がっていた少女が、獣医になろうと決意した理由(タイの感動CM)
今回は、Krung Thai Bank(クルン・タイ銀行)の感動CMをご紹介したいと思います。 物語の背景 車に轢かれて...