大切なあなたへ ~わずか5年でこの世を去った愛娘への思い~

これからご紹介するのは、とある女性がわずか5年でこの世を去った愛娘に対して、自身の思いを綴られた手紙のような文章です。

テキスト動画と文字の両方で文章を掲載していますので、どちらでもお好きな方で読まれてください。

大切なあなたへ

あなたが生まれたときほど嬉しかったことはありません。
生まれたばかりの小さな手で私の指をしっかり握り締めたあなた。
その小さな手に灯った温もりを私は覚えています。
初めての育児はわからないことだらけで大変だったけど、
あなたの笑顔が見られればそれだけでなにもいらなかった。
泣いてるあなたをあやしながらあなたの大きくなった姿や
恋愛の相談にのったりお嫁さんになるときの事を想像したっけ。
買い物も一緒にしたかったな。
大きな声を上げて生まれてきたあなた。
初めて笑ったとき、初めて寝返りをうったとき、初めてハイハイしたとき、
あなたの小さな成長のすべてが感動でした。
パパとママの離婚でさびしい思いをたくさんさせて、ゴメンね。
夜寝る時はいつも私にぴったり寄り添ってくれたよね‥。
自分の感情できつく当たってごめんね。
忙しくて相手をしてあげれれなくてごめんね。
小さいうちから保育園でたくさん遊んであげられなくて、ごめんね。
もっともっと一緒にいてあげれば良かった。
いつだったかあなたは覚えたての言葉で、
「ままだいすき、うまれたときからままのことだいすき!」って言ってくれたね。
本当に嬉しかった。
その時のあなたの笑顔を一生忘れません。
あなたの人生がたった五年だったなんて今でも信じられない。
もう一度「ママだいすき」って言ってほしい。
声が聞きたい。
あなたの大きくなった姿が見たかった。恋愛だってさせてあげたかった。
あなたの幸せそうな花嫁姿が見たかった。
あなたとまだまだいきていたかった。
いつも口癖のように「ママ、ママ」って読んでいたあなたにあいたい。
私の宝物。
今でもこれからもずっとあたしはあなたのママだよ。いつか会うまで待っててね。
あなたに褒めてもらえるようにあなたの分も頑張って生きていきます。

あなたの母より

この亡くなった娘に宛てた手紙のような文章は大変有名なものですので、ご存知の方も多いと思います。

わずか5年でこの世を去った愛しい我が子に対する母の想い。それがものすごく生々しく伝わってきて、涙を堪えることができません。

少年にとって『はじめてのともだち』であった愛犬との、悲しい別れを歌った感動曲
犬と一緒に暮らしていれば、ほぼ確実に経験せねばならない悲しい出来事があります。 言うまでもないことですが、それは愛犬との...
声なき叫びを聞いて! 飼い主に虐待された挙げ句に捨てられて、実験用動物となってしまった”シロ”の願い
これからご紹介するお話は、ハート出版から出ている『実験犬シロのねがい(ハンカチぶんこ)』という書籍に掲載されているエピソ...
これは泣けちゃう! おもちゃのロボットと人形の恋を描いたショートフィルム
今回ご紹介するのは、おもちゃのロボットとお人形さんの恋を描いたショートフィルムです。 制作したのは、フィリピンのNPO団...
彼らこそ命の守護者! 震災にまつわる自衛隊員さんたちのエピソード
※この画像は、東日本大震災にて撮影されたものです。 戦後、日本における自衛隊の存在は、戦後教育にどっぷり浸かった政治家、...
ネット上の泣ける都市伝説 トムとジェリー幻の最終回
今回は、日本でも人気の高い米国アニメ「トムとジェリー」に纏わるお話をご紹介します。 このアニメは、1940年から次々と続...