家族なのに ~何よりも大切に思っていた家族に捨てられた、悲しい犬の物語~

家族なのに(スクリーンショット)

これからご紹介する動画は、兵庫県在住のなまこさんという男性が、2005年に自身のブログ「なまこの『人生色々♪人間十色♪』」にて発表された電子絵本を動画化したものです。

『家族なのに』と題されたこの電子絵本は、発表後に大きな反響を呼び書籍化されました。ストーリーは、家族を大切に思っていた犬がある日突然捨てられてしまうというとても悲しいものですが、悲しい物語であるだけに犬の気持ちや命の尊さについて考えさせられます。

家族なのに He is a family

冒頭でもお話しましたように、この電子絵本は書籍化されています。お話を読んだ読者の方が、書籍や雑誌、コミックなどを制作・出版している「リトル・ドッグ・プレス」の掲示板に書き込んだ記事が書籍化のキッカケだったそうです。

僕は今回、記事を書くためにご紹介した動画を見ましたが、実はこれが二度目の視聴です。とても深く印象に残るお話ですが、あまりに悲しいストーリーなので何度も見ることができず、今まで一度しか見ていなかったのです。そして、これを最後に二度と見ることはないと思います。

このお話を見ると涙と一緒にやり場のない怒りがフツフツと湧いてきて、何とも言えない気持ちになります。そんなことを言うと、「所詮、創作なのに」と笑われるかもしれませんが、しかしこれは現実世界で普通に起こっていることでもあるんですよね。

きっと皆さんも同じだと思いますが、僕はそのことが本当に本当に悲しいです。

この絵本を手元に置いておきたい方へ

この絵本は、作者であるなまこさんのブログで電子絵本版(swfファイル)が無料公開されています。

転載なども自由とのことですので、ダウンロードして保存されても問題ないと思います。なまこさんは、このお話に込められたメッセージが「沢山の方へ届いてほしい」と願っておられるようです。

もしどうしても紙の絵本が欲しいという場合は、楽天やAmazonなどで販売されています。

家族なのに【楽天】

家族なのに【Amazon】

なんだか胸が痛くなる! 母子家庭で貧乏だったためカメラを買えなかった親子のお話
「親の心子知らず」という言葉がありますが、子供というのは親の深い愛情も理解せずに勝手気ままに振る舞うものです。 これから...
子供と父親のふれあいを描いた、心温まるダヴの感動CM「コール・フォー・ダッド(Calls For Dad )」
1957年に米国で生まれた、パーソナル・ケア製品ブランド「ダヴ」は、毎年、父の日に向けて特別なCMを制作・公開しています...
優しい世界に感動! ガリガリに痩せてお腹を空かせていた子猫と優しい犬のお話
これからご紹介するのは、ある人が渋滞に引っかかったバスの窓から見た犬と猫のお話です。 渋滞で動かないバスの中で暇だったそ...
パパ、ありがとう! 驚きの出来事によって感動の涙に包まれた結婚式のお話
同い年の彼と結婚が決まった女性。彼女には、5歳のときに最愛の父をバイク事故で亡くしてしまうという悲しい過去がありました。...
300kmの道のり ~パイロットになるという少女の夢を救ったトラックの運転手さん~
パイロットになるという夢を持つ埼玉県の少女が、石川県輪島市にある航空高校を受験するため入試前日から母親と共に電車に乗り込...