心に染みたワンカップ ~何もかも上手くいかなくて一人で泣いていた冬の夜の出来事~

ワンカップ(お酒)

これからご紹介する動画は、2002年に某巨大掲示板に書き込まれたコメントを、イラスト入りで動画化したものです。

とても短いお話ですが、なんだかジンくるエピソードですので、ぜひご覧になってみてください。

下記は、実際に書き込まれた文章です。

若い頃何もかもうまく行かなくって、一人で冬の夜、
もう閉店した酒屋の自販機の横で、うずくまって泣いていた。
しばらくして、どこかの汚い身なりのじじいが、自販機で何か買った。
ぽんと俺の肩が叩かれた。
見上げると、そのじじいが俺の手にそっとワンカップを握らせ
「いい事もあるさ」と一言。そして去って行った。

もう20年以上前の話だな。ワンカップの暖かさに、別の意味で泣いたよ。
じいさん、俺元気でやってるぜ。

辛い時、苦しい時、もうダメかもしれないと思った時。そんな時に人から受ける優しさって身に染みますよね。

別に悩みを聞いてくれなくても、相談に乗ってくれなくても、力を貸してくれなくってもいいんです。ただただ、自分の気持ちをわかってもらえれば。

そう、人を救うなんて簡単なことなんですよ。ポンと肩を叩いて、「いい事もあるさ」と言ってあげればいいんですから。

人間は、たったそれだけのことでまた頑張れる、すごい生き物なのです。

『強い子』 ~難病を抱えた女の子が、悲しむお母さんのために作ったお話~
これからご紹介するお話は、経営コンサルタントの福島正伸先生がご自身の著書や講演会などで語られている、実在する病気の女の子...
最後のシーンが泣かせる! 思いやりで世界を幸せな場所にしようと活動する団体が制作した感動的なMV
以前、「Life Vest Inside」という非営利団体が制作した『Kindness Boomerang – “One...
無邪気な一言に感動! とあるお母さんが、5歳になった娘から言われてとても嬉しかった言葉
上の画像は、とある5歳の娘さんが、風邪をひいて体調が優れないママを励ますために書いた手紙です。ご紹介するエピソードの親子...
見ることができなかったサーカス ~列に並んでいる時に見かけた10人家族のお話~
これからご紹介するのは海外のお話です。 サーカスの入場券を買うため、父親と共に長い列に並んでいた十代の少年。その前には、...
もらい泣きしてしまう… 色覚異常の方々が、はじめて世界の鮮やかさを目にした瞬間
以前、聴覚障害者の方々がはじめて音を聞いた瞬間の動画をご紹介したことがありますが、今回は色覚異常(Colour Blin...