心に染みたワンカップ ~何もかも上手くいかなくて一人で泣いていた冬の夜の出来事~

ワンカップ(お酒)

これからご紹介する動画は、2002年に某巨大掲示板に書き込まれたコメントを、イラスト入りで動画化したものです。

とても短いお話ですが、なんだかジンくるエピソードですので、ぜひご覧になってみてください。

下記は、実際に書き込まれた文章です。

若い頃何もかもうまく行かなくって、一人で冬の夜、
もう閉店した酒屋の自販機の横で、うずくまって泣いていた。
しばらくして、どこかの汚い身なりのじじいが、自販機で何か買った。
ぽんと俺の肩が叩かれた。
見上げると、そのじじいが俺の手にそっとワンカップを握らせ
「いい事もあるさ」と一言。そして去って行った。

もう20年以上前の話だな。ワンカップの暖かさに、別の意味で泣いたよ。
じいさん、俺元気でやってるぜ。

辛い時、苦しい時、もうダメかもしれないと思った時。そんな時に人から受ける優しさって身に染みますよね。

別に悩みを聞いてくれなくても、相談に乗ってくれなくても、力を貸してくれなくってもいいんです。ただただ、自分の気持ちをわかってもらえれば。

そう、人を救うなんて簡単なことなんですよ。ポンと肩を叩いて、「いい事もあるさ」と言ってあげればいいんですから。

人間は、たったそれだけのことでまた頑張れる、すごい生き物なのです。

無邪気な一言に感動! とあるお母さんが、5歳になった娘から言われてとても嬉しかった言葉
上の画像は、とある5歳の娘さんが、風邪をひいて体調が優れないママを励ますために書いた手紙です。ご紹介するエピソードの親子...
家族なのに ~何よりも大切に思っていた家族に捨てられた、悲しい犬の物語~
これからご紹介する動画は、兵庫県在住のなまこさんという男性が、2005年に自身のブログ「なまこの『人生色々♪人間十色♪』...
あまりにも切ない愛の物語! 末期がんの男性が最後に望んだ、最愛の女性との結婚式
フィリピンに住むRowdenさんとLeizelさんのカップルは、Rowdenさんの30歳の誕生日である、2014年7月8...
日本赤十字社大阪府支部が制作した活動記録映像「私たちの想い」
これからご紹介する動画は、「私たちの想い」と題された日本赤十字社の活動記録映像です。 この映像は、2010年に日本赤十字...
なんだか胸が痛くなる! 母子家庭で貧乏だったためカメラを買えなかった親子のお話
「親の心子知らず」という言葉がありますが、子供というのは親の深い愛情も理解せずに勝手気ままに振る舞うものです。 これから...