『またどこかで会おうね』 ~ある方が以前勤務していた病院で見たご家族のお話~

これからご紹介するのは、ある方が病院で見たご家族のお話です。

病院で働いていたその方は、掃除をするためにある病室へと入りました。するとその病室では、患者さんとそのご家族が悲しい別れの時を迎えていたのです。

俺さ、以前病院勤務してたんだ。
といっても看護婦や医者とか有資格者じゃないんだけどな。
でさ、掃除しようと思ってある病室に入ったんだよ。
よく知らずに入ったらさ、どうやら患者さんそろそろ・・・って場面だったんだよ。
「まずい部屋に入っちゃったよな。」って思いながらも掃除をしていたんだ。
そしたらさ、旦那さん(40後半位)が寂しそうな笑顔でありがとうって言ってくれるんだよ。
家族としての最後の場面を邪魔したような気がして、
なんか居た堪れなくなって目に見えるところだけ掃除して出てしまったんだ、もう逃げるようにな。
で、部屋から出て廊下を掃除してたら中から声が聞こえてくるのよ。
掃除途中で出てきちゃったから「なんか文句言われて無いかな」って思ってたらさ 旦那が子供(10歳前後)に
「ママにチューしてあげなよ。もう何年もしてないだろ?最後にもう一回な。 …ちゃんと、『ありがとう』『心配しないでね』『またどこかで会おうね』って声掛けろよ?泣いてばかりだとママも心配しちゃうからな。」って言って部屋から出てきたんだよ。

でもさ、その旦那は部屋から出たとたんに、しゃがみ込んで泣き始めたんだよ。
多分子供の前では強がってたんだろうな。
自分が泣いたら子供が余計につらくなるって思ったんだろうな。
旦那が子供に言わせた言葉は、旦那自身が何度も心の中で呟いた言葉なんだろうな。
そう思っていたら全然知らない患者さんの死がとても身近に感じられて涙ぐんでしまったよ。

俺も、最愛の人が亡くなる場面に立ち会うことがあったら
『またどこか出会おうね』って言葉を言いたいな。

この世に生まれてきた人が、みな等しく背負っている運命があります。それは「死」です。そして死は、別れの時でもあります。

つまり人は、この世に生まれて出会った人々と、いずれ必ずお別れしなければならないのです。それが人間の、いやすべての命が背負っている宿命なのです。

でも僕は、それが悲しいことだとは思っていません。なぜなら、その別れの後には、また再会の時がやってくると信じているからです。

病室で別れの時を迎えたご家族も、その場に居合わせた病院勤務の方も、僕と同じく再会の時を信じているのでしょう。

『またどこか出会おうね』

そう人が強く願うなら、必ずまたどこかで出会うのです。

きっと、そうなのです。

お母さんって偉大だ! 認知症を患ってしまった母親とその家族を描いた「銀のさら」の感動CM
大手宅配寿司チェーンの「銀のさら」。ここのCMは、おもしろくて笑えるCMが多いことで知られていますが、中にはとっても感動...
300kmの道のり ~パイロットになるという少女の夢を救ったトラックの運転手さん~
パイロットになるという夢を持つ埼玉県の少女が、石川県輪島市にある航空高校を受験するため入試前日から母親と共に電車に乗り込...
とても犬を怖がっていた少女が、獣医になろうと決意した理由(タイの感動CM)
今回は、Krung Thai Bank(クルン・タイ銀行)の感動CMをご紹介したいと思います。 物語の背景 車に轢かれて...
猫達の健気さにホロリ! 山奥で暮らす二匹の猫とおばあちゃんの絆を描いたショートドラマ
とある日本の山奥で、おじいちゃんに先立たれたおばあちゃんと二匹の猫が暮らしていました。 猫達が一緒とはいえ、最愛の夫に先...
母がくれた想い ~貧しい暮らしの中で支え合って生きてきた母と娘のお話~
すごく貧しい家に生まれた一人の女性がいました。父親は酒癖が悪く仕事もすぐに辞めてしまいます。その上パチンコ狂いで、負けた...