お父さんの小さな告白 ~子供の頃にあった小さな小さな出来事に纏わるお話~

入院している男性

Photo by pixxiestails

親というものは、子供についてのことをよく覚えているものです。特に、子供を傷つけてしまったり悲しませてしまったりした時のことは、意外なほど小さな出来事までよく覚えています。

これからご紹介するのは、ある人が某巨大掲示板に書き込んだ、子供の頃の小さな出来事に纏わるお話です。

家族でお出かけ中、4つ違いの妹(当時小学生)がビタン!と転倒、
泣き叫ぶ妹を親父は抱き起こし、泣きやむまでおぶって歩いた。
厳しい親父だったし、俺はそんな事してもらった事はなかった。

小坊だった俺はその場では文句も言えず、
後で母親に「ずるい…」とか拗ねてみせた覚えがある。

それから十余年、俺が一九の時に親父が胃ガンになった。
告知はしていなかったが親父は自分の病状に気づいている様子。
見舞いに行ったある日、親父は俺にこう言った。

「10歳の時、○子(妹)が転んだ事、覚えてるか?」
「うん」
「母さんから聞いた。悪かったと思ってる。でもな」
「今更何だよ」
「○子は優しく育って欲しいから助けた。おまえは強く育って欲しいから放っておいたんだよ」
「・・・・」

泣いちゃいけないと思いながら、泣けて仕方なかったよ。

短いお話ですが、我が子に対するお父さんの愛情と、レス主さんの切なさが伝わってきて涙が出ました。

冒頭にも書いたことですが、親は子供を悲しませたり傷つけてしまったと感じた時のことを、本当によく覚えていますよね。

たぶんその理由は、子供を傷つけてしまったことに対して自分自身が深く傷ついているからなんだろうと思います。結局親って自分の気持より子供の気持ちの方が大切なんですよね。

お話のお父さんはきっと、この小さな出来事がずっと気になっていたんでしょうね。そして癌であることに気づいていたから、今のうちにに本心を伝えておきたかったんでしょうね。

大昔の小さな出来事に対するお父さんの小さな告白。そこには、我が子に対する深い深い愛情が詰まっていたんだろうなと思います。

優しい世界に感動! ガリガリに痩せてお腹を空かせていた子猫と優しい犬のお話
これからご紹介するのは、ある人が渋滞に引っかかったバスの窓から見た犬と猫のお話です。 渋滞で動かないバスの中で暇だったそ...
声を失い、息子に歌を歌ってあげることも本を読んであげることも出来なくなったママの話
喉の病気で「声」を失ったお母さんがいました。息子とのコミニュケーションに不可欠な声。それを失ってしまった影響は、想像以上...
最後のシーンが泣かせる! 思いやりで世界を幸せな場所にしようと活動する団体が制作した感動的なMV
以前、「Life Vest Inside」という非営利団体が制作した『Kindness Boomerang – “One...
人はこんなにも温かい! 必要な薬の代金が払えないおばあちゃんを見た人々の行動(社会実験)
アメリカのABCが2008年から放送している「What Would You Do?(あなたならどうする?)」というテレビ...
ママとかんたろうくんの別れが切ない! 母親の死をテーマとした大ヒット絵本『ママがおばけになっちゃった!』読み聞かせ
のぶみさんという超人気絵本作家が手がけた『ママがおばけになっちゃった!』という創作絵本をご存知でしょうか? 講談社から出...