一流のアスリートを目指す我が子を影で支える母の愛情を描いた「Thank You, Mom」まとめ(2012、2014、2016)

観客席にいた母親と抱き合うアスリート

皆さんは「Thank You, Mom(お母さん、ありがとう)」というキャンペーンをご存知でしょうか? これは、2010年に国際オリンピック委員会(IOC)と10年間のTOPスポンサー契約を結んだ「P&G」が、「アスリートと、彼らを支え続けてきたママ”を応援する」という趣旨で展開しているキャンペーンです。

これからご紹介する動画は、同キャンペーンの一貫として制作されたものです。内容は、我が子が一流のアスリートとして成長するまで影で支え続けてきた、母親の努力や喜びを描いたものとなっています。

キャンペーン動画は、現在までにロンドン大会、ソチ大会、リオデジャネイロ大会の3大会に向けたものが制作・公開されています。どれも感動的な内容ですので、ぜひご覧になってみてください。

↓こちら↓は2012年のロンドンオリンピックに向けて制作された動画です。

P&G – Thank You Mama – Best Job 2012 HD 2M

↓こちら↓は2014年のソチオリンピックに向けて制作された動画です。

P&G Thank You, Mom | Pick Them Back Up | Sochi 2014 Olympic Winter Games

↓こちら↓は2016年のリオデジャネイロオリンピックに向けて制作された動画です。

P&G ‘Thank You, Mom’ Campaign Ad: “Strong” (Rio 2016 Olympics)

一流のアスリートを夢見て子供の頃から努力を重ねてきた選手達。そして、我が子の夢をを影で支え続けてきたお母さん達。目標に向かって挫けずに頑張る選手達の姿と、我が子に注がれる母親の無償の愛に感動させられました。

足を負傷した我が子に包帯を巻いている母親

2010年からオリンピックのワールドワイドスポンサーとなったP&Gは、選手のみならずその母親に焦点を当てたキャンペーンを展開した理由について、以下のように述べられています。

オリンピックは、アスリートが持てる力のすべてをかけて闘う姿が、観る人の心に感動を与えると同時に、晴れの大舞台に立つまで、励まし、支え続けてきたご家族との強い絆に、心を打たれる機会でもあります。そこでP&Gは「ママの公式スポンサー(Thank You, Mom)」を、世界共通のキャンペーンテーマに掲げてきました。アスリートとご家族の絆をフィーチャーすることで、皆さまにもご自身のお母さまやご家族への感謝の気持ちに改めて気づくきっかけとなれば、という想いが込められています。

引用元:P&G Japan

Thank You, Momキャンペーンは、2012年のロンドン大会からはじまり2020年の東京大会へと続いていきます。来る東京大会では、スポットライトを浴びるアスリートのみならず、彼らを影で支えている人達の努力にも思いを馳せながら観戦したいと思います。

ご存知の方も多いと思いますが、Thank You, Momキャンペーンの動画を引き合いに出し、パームの油採取に伴う森林破壊を批判する動画がネット上に公開されています。動画を制作したのは過激な活動で知られる環境保護団体のグリーンピースです。

当方は、そうした経緯やグリーンピースの主張については存じておりますが、オリンピックを目指して頑張るアスリート及びその母親を応援しようという気持ちと森林破壊は別問題であると考えております。

命は皆、祝福されて生まれてくるべき! 自分が父親になると知った男性たちの心温まる反応
愛し合う男女が永遠の愛を誓い合えば、やがてやってくるビッグイベントがあります。それは、二人の愛が結晶となって女性の体に宿...
絶対に妹を泣かせたくないという兄の愛情を描いた感動長編CM(タイの感動CM)
今回は、ブラザー工業のタイ拠点である「BROTHER COMMERCIAL (THAILAND) LTD」が制作した、長...
戸籍謄本を見て自分が養子であると知った時、父の口から飛び出した意外な言葉
これからご紹介するお話は、某巨大掲示板の「今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験」というスレッドに書き込まれたお話です。 ...
父の愛が切ない! 心臓発作で亡くなったお父さんが、天国から送ってくれた誕生日プレゼント
2017年の4月、ミシガン州に住むJohn Crow(ジョン・クロウ)という男性が心臓発作でこの世を去りました。享年49...
ぱぱおにんじょびおめでと ~深夜2時まで残業して帰宅した男性を待ち受けていた心温まる光景~
とある男性が、残業で深夜2時頃帰宅。するとそこには、男性に対する奥さんと娘さんの愛情を感じさせる、なんとも心温まる光景が...