『強い子』 ~難病を抱えた女の子が、悲しむお母さんのために作ったお話~

ラッピングされたプレゼントの箱

これからご紹介するお話は、経営コンサルタントの福島正伸先生がご自身の著書や講演会などで語られている、実在する病気の女の子のお話です。

その女の子は骨がまっすぐに成長できないという進行性の難病を抱えていました。体の外には沢山の器具が取り付けられ、体の中には何本もの金属が入っています。

大きな手術も必要で、うまくいかなければ命を落とすこともあります。痛みも酷いらしく、彼女の病室からはよくうめき声が聞こえていました。しかし現代の医学では女の子の病気を完治させるすべはなく、誰にも女の子を苦しみから救ってあげることはできなかったのです。

そんな女の子を見て、彼女のお母さんは「どうしてうちの娘がこんな姿に」と嘆き悲しみます。女の子はそんなお母さんを見るのが悲しくてたまらなかったので、お見舞いに来るお母さんをいつも笑顔で迎え、自分が痛がる姿も決して見せませんでした。

そんなある日のこと、童話が好きだった女の子は「強い子」というお話を作ってお母さんに聞かせました。そのお話には、自分の病気のせいで悲しんでいるお母さんを元気づけたいという、女の子の健気な願いが込められていたのです。

(下記は福島先生の著書より)

『強い子』

(前略)

それは彼女が生まれる前のお話です

ある日、神様に呼ばれていくとたくさんの赤ちゃんたちが並んでいて一人ずつプレゼントをもらっています。

「あの町に生まれたい」 「お金持ちの家に生まれたい」 神様はどんなことでもかなえてくれるのです。

女の子の順番がきましたが、何がほしいか決まっていませんでした。

ふと見ると神様の後ろに「重い病気」というプレゼントがあります。

「これは誰がもらえるの?」

「一番強い子だよ。このプレゼントをもらった子は生まれてからすごく苦しいんだ。」

「だから一番強い子にしかあげられないんだよ」

女の子は思いました。 「ほかの子がこのプレゼントをもらったらその子にあったときつらいだろうな…」

そして神様に言いました。

「そのプレゼント私に下さい。私が一番強い子よ」
「他の子にはあげないで、他の子が苦しむのはいやだから」
「私が一番強い子だから私にちょうだい」

「君が来るのを待っていたんだ。君が一番強い子なんだね」

「ねえ、ママ…、そうやって神様にお願いして私は生まれてきたんだよ」

お母さんは涙を流しながらも女の子を笑顔で抱きしめました。

(後略)

上記のお話は、きこ書房から出版されている福島先生の著書『仕事が夢と感動であふれる5つの物語』のあとがきより引用したものです。

福島先生は、この病気の女の子のお話をご自身の著書や講演会などで語り、人々に下記のようなメッセージを伝えています。

私は陰ながら難病の子供たちの支援をさせていただいています。

これは私が出会ったある女の子のお話です。

最初にその女の子の写真を見たときその子は笑顔で写っていました。

その笑顔の理由がこの「強い子」のお話です。

ある説によると、人間の遺伝子はすべての人がほんの少しずつ違っているそうです。

それはすべての人が違う体質となって生まれるためだそうです。

たとえひとつの恐ろしい病気が人類を襲ったとしても、その病気にかかりにくい体質を持った人が生まれるためだそうです。

そうすると一つの病気が人類を滅ぼすことはできなくなります。

ただ、そのために重い病気を持って生まれてくる子もいるのだそうです。

難病の子供たちは皆、人類にとって一番大切な存在なのかもしれません。

全ての人に生まれてきた理由があります。

そしてそれは自分で見つけ出すことができます。

意味のない状況はありません。

意味を見出そうとすれば必ずそこには重要な意味があることに気づきます。

私たちが人間として生まれてきたのはまわりの人々だけでなく他の生物や未来の地球にとって必要な存在だからなのです。

お話の女の子のように、どんな病気を持っていても、どんな境遇におかれていても、そこに意味を見いだせる人。そういう成熟した心を持った人こそが、人間の中で最も「強い人」と言えるのかもしれません。

僕が生まれてきたことにも、これを読んでいる貴方が生まれてきたことにも意味がある。そして、僕の苦しみにも貴方の苦しみにも意味がある。

きっとそういうものなんだろうと思います。

母がくれた想い ~貧しい暮らしの中で支え合って生きてきた母と娘のお話~
すごく貧しい家に生まれた一人の女性がいました。父親は酒癖が悪く仕事もすぐに辞めてしまいます。その上パチンコ狂いで、負けた...
見ることができなかったサーカス ~列に並んでいる時に見かけた10人家族のお話~
これからご紹介するのは海外のお話です。 サーカスの入場券を買うため、父親と共に長い列に並んでいた十代の少年。その前には、...
お母さんって偉大だ! 認知症を患ってしまった母親とその家族を描いた「銀のさら」の感動CM
大手宅配寿司チェーンの「銀のさら」。ここのCMは、おもしろくて笑えるCMが多いことで知られていますが、中にはとっても感動...
300kmの道のり ~パイロットになるという少女の夢を救ったトラックの運転手さん~
パイロットになるという夢を持つ埼玉県の少女が、石川県輪島市にある航空高校を受験するため入試前日から母親と共に電車に乗り込...
結婚記念日に訪れたレストランで目にした、強く優しい父親の姿
これからご紹介するお話は、某巨大掲示板に投稿された書き込みです。 とあるご夫婦が、結婚記念日に外食をすることにしました。...