『強い子』 ~難病を抱えた女の子が、悲しむお母さんのために作ったお話~

ラッピングされたプレゼントの箱

これからご紹介するお話は、経営コンサルタントの福島正伸先生がご自身の著書や講演会などで語られている、実在する病気の女の子のお話です。

その女の子は骨がまっすぐに成長できないという進行性の難病を抱えていました。体の外には沢山の器具が取り付けられ、体の中には何本もの金属が入っています。

大きな手術も必要で、うまくいかなければ命を落とすこともあります。痛みも酷いらしく、彼女の病室からはよくうめき声が聞こえていました。しかし現代の医学では女の子の病気を完治させるすべはなく、誰にも女の子を苦しみから救ってあげることはできなかったのです。

そんな女の子を見て、彼女のお母さんは「どうしてうちの娘がこんな姿に」と嘆き悲しみます。女の子はそんなお母さんを見るのが悲しくてたまらなかったので、お見舞いに来るお母さんをいつも笑顔で迎え、自分が痛がる姿も決して見せませんでした。

そんなある日のこと、童話が好きだった女の子は「強い子」というお話を作ってお母さんに聞かせました。そのお話には、自分の病気のせいで悲しんでいるお母さんを元気づけたいという、女の子の健気な願いが込められていたのです。

(下記は福島先生の著書より)

『強い子』

(前略)

それは彼女が生まれる前のお話です

ある日、神様に呼ばれていくとたくさんの赤ちゃんたちが並んでいて一人ずつプレゼントをもらっています。

「あの町に生まれたい」 「お金持ちの家に生まれたい」 神様はどんなことでもかなえてくれるのです。

女の子の順番がきましたが、何がほしいか決まっていませんでした。

ふと見ると神様の後ろに「重い病気」というプレゼントがあります。

「これは誰がもらえるの?」

「一番強い子だよ。このプレゼントをもらった子は生まれてからすごく苦しいんだ。」

「だから一番強い子にしかあげられないんだよ」

女の子は思いました。 「ほかの子がこのプレゼントをもらったらその子にあったときつらいだろうな…」

そして神様に言いました。

「そのプレゼント私に下さい。私が一番強い子よ」
「他の子にはあげないで、他の子が苦しむのはいやだから」
「私が一番強い子だから私にちょうだい」

「君が来るのを待っていたんだ。君が一番強い子なんだね」

「ねえ、ママ…、そうやって神様にお願いして私は生まれてきたんだよ」

お母さんは涙を流しながらも女の子を笑顔で抱きしめました。

(後略)

上記のお話は、きこ書房から出版されている福島先生の著書『仕事が夢と感動であふれる5つの物語』のあとがきより引用したものです。

福島先生は、この病気の女の子のお話をご自身の著書や講演会などで語り、人々に下記のようなメッセージを伝えています。

私は陰ながら難病の子供たちの支援をさせていただいています。

これは私が出会ったある女の子のお話です。

最初にその女の子の写真を見たときその子は笑顔で写っていました。

その笑顔の理由がこの「強い子」のお話です。

ある説によると、人間の遺伝子はすべての人がほんの少しずつ違っているそうです。

それはすべての人が違う体質となって生まれるためだそうです。

たとえひとつの恐ろしい病気が人類を襲ったとしても、その病気にかかりにくい体質を持った人が生まれるためだそうです。

そうすると一つの病気が人類を滅ぼすことはできなくなります。

ただ、そのために重い病気を持って生まれてくる子もいるのだそうです。

難病の子供たちは皆、人類にとって一番大切な存在なのかもしれません。

全ての人に生まれてきた理由があります。

そしてそれは自分で見つけ出すことができます。

意味のない状況はありません。

意味を見出そうとすれば必ずそこには重要な意味があることに気づきます。

私たちが人間として生まれてきたのはまわりの人々だけでなく他の生物や未来の地球にとって必要な存在だからなのです。

お話の女の子のように、どんな病気を持っていても、どんな境遇におかれていても、そこに意味を見いだせる人。そういう成熟した心を持った人こそが、人間の中で最も「強い人」と言えるのかもしれません。

僕が生まれてきたことにも、これを読んでいる貴方が生まれてきたことにも意味がある。そして、僕の苦しみにも貴方の苦しみにも意味がある。

きっとそういうものなんだろうと思います。

これは泣けちゃう! おもちゃのロボットと人形の恋を描いたショートフィルム
今回ご紹介するのは、おもちゃのロボットとお人形さんの恋を描いたショートフィルムです。 制作したのは、フィリピンのNPO団...
なんていいCM! 成長した息子の暮らしぶりを知った母の心情を描くマルコメの感動CM
東京に上京してきた母親を駅のホームまで迎えにきた息子。息子はすでに家庭を持っており、母は少し遠慮しながらも、この日は息子...
一流のアスリートを目指す我が子を影で支える母の愛情を描いた「Thank You, Mom」まとめ(2012、2014、2016)
皆さんは「Thank You, Mom(お母さん、ありがとう)」というキャンペーンをご存知でしょうか? これは、2010...
なんて心温まる企画! 定年を迎える東京メトロの駅長を労うサプライズ「THE LAST TRAIN」
今回は、定年退職を迎える東京メトロの駅長を労うサプライズ企画「THE LAST TRAIN」の動画をご紹介します。 東京...
もらい泣きしてしまう… 色覚異常の方々が、はじめて世界の鮮やかさを目にした瞬間
以前、聴覚障害者の方々がはじめて音を聞いた瞬間の動画をご紹介したことがありますが、今回は色覚異常(Colour Blin...