人はこんなにも温かい! 必要な薬の代金が払えないおばあちゃんを見た人々の行動(社会実験)

薬代を払えないおばあちゃんに手を差し伸べる女性

アメリカのABCが2008年から放送している「What Would You Do?(あなたならどうする?)」というテレビ番組をご存知でしょうか?

同番組は、役者さんを使って様々なシチュエーションを作り出し、それを見た周りの人々がどう行動するのかを隠しカメラで撮影する社会実験番組です。今回はその番組の動画をご紹介したいと思います。

舞台は米ニュージャージー州の小さな薬局。そこに糖尿病を抱えたおばあちゃんが、処方箋を持って薬を買いにやってきました。

ところが、薬の代金として請求された140ドルは、今月支給された年金がもう20ドルしか残っていないおばあちゃんに払える金額ではありません。

生きていくために必要な薬の代金を支払うことができず、途方に暮れるおばあちゃん。さて、その姿を目の当たりにした周りの人々は、一体どんな行動を取るのでしょうか?

おばあちゃんを助けようとする人々の姿を見て、感動のあまり泣いてしまいました。皆さん温かいですね。

薬代を払えないおばあちゃんに厳禁を手渡す女性
薬代を払えないおばあちゃんのためにお金を払おうとする女性
薬代を払えないおばあちゃんに代わってお金を払うと申し出る男性

後から出てきた若い女性に対する反応はおばあちゃんの時に比べると冷たかったですが、心理学教授さんがおっしゃっていたように、後半の女性には選択肢がありそうに見えるので、周りの反応が冷たいのも仕方がないのかもしれません。

この番組(他の回も含めて)を見ていると、人々の救いの手はいつも「より弱い立場の人」に対して多く差し伸べられることに気づかされます。例えばそれは、若い人よりもお年寄りに、男性よりも女性にといった具合です。

世の中には、より弱い立場の人が悪意の対象となる事例が多く見られます。もしかしたら、これは人間の持つひとつの性質なのかもしれません。

しかしそれとは反対に、より弱い立場の人を見ると助けずにはいられない性質というのも、人間はちゃんと持っているのだと思います。

このアンビバレントな性質の狭間で、人は果たしてどちらの性質に心を委ねるのか。きっと神様や仏様は、それを見ているのでしょうね。

今日、娘が天国に ~生まれてからわずか5時間でこの世を去った娘~
2011年の12月31日の大晦日。某巨大掲示板にあるスレッドが立ちました。スレッドのタイトルは、「今日娘が天国に」という...
彼らこそ命の守護者! 震災にまつわる自衛隊員さんたちのエピソード
※この画像は、東日本大震災にて撮影されたものです。 戦後、日本における自衛隊の存在は、戦後教育にどっぷり浸かった政治家、...
あなたは自分が思うより美しい! 世界中で反響を呼んだ「ダヴ(Dove)」の感動バイラルムービー
1957年に米国で生まれたパーソナル・ケア製品ブランド「ダヴ(Dove)」が、2004年から継続的に行っている「リアルビ...
あまりにも切ない愛の物語! 末期がんの男性が最後に望んだ、最愛の女性との結婚式
フィリピンに住むRowdenさんとLeizelさんのカップルは、Rowdenさんの30歳の誕生日である、2014年7月8...
これは泣けちゃう! おばあちゃんとロボットの触れ合いを描いた感動ショートアニメ
ある日、一人暮らしのおばあちゃんのもとへ子供からお手伝いロボットが届けられました。 はじめ、おばあちゃんはロボットに対し...