人はこんなにも温かい! 必要な薬の代金が払えないおばあちゃんを見た人々の行動(社会実験)

薬代を払えないおばあちゃんに手を差し伸べる女性

アメリカのABCが2008年から放送している「What Would You Do?(あなたならどうする?)」というテレビ番組をご存知でしょうか?

同番組は、役者さんを使って様々なシチュエーションを作り出し、それを見た周りの人々がどう行動するのかを隠しカメラで撮影する社会実験番組です。今回はその番組の動画をご紹介したいと思います。

舞台は米ニュージャージー州の小さな薬局。そこに糖尿病を抱えたおばあちゃんが、処方箋を持って薬を買いにやってきました。

ところが、薬の代金として請求された140ドルは、今月支給された年金がもう20ドルしか残っていないおばあちゃんに払える金額ではありません。

生きていくために必要な薬の代金を支払うことができず、途方に暮れるおばあちゃん。さて、その姿を目の当たりにした周りの人々は、一体どんな行動を取るのでしょうか?

おばあちゃんを助けようとする人々の姿を見て、感動のあまり泣いてしまいました。皆さん温かいですね。

薬代を払えないおばあちゃんに厳禁を手渡す女性
薬代を払えないおばあちゃんのためにお金を払おうとする女性
薬代を払えないおばあちゃんに代わってお金を払うと申し出る男性

後から出てきた若い女性に対する反応はおばあちゃんの時に比べると冷たかったですが、心理学教授さんがおっしゃっていたように、後半の女性には選択肢がありそうに見えるので、周りの反応が冷たいのも仕方がないのかもしれません。

この番組(他の回も含めて)を見ていると、人々の救いの手はいつも「より弱い立場の人」に対して多く差し伸べられることに気づかされます。例えばそれは、若い人よりもお年寄りに、男性よりも女性にといった具合です。

世の中には、より弱い立場の人が悪意の対象となる事例が多く見られます。もしかしたら、これは人間の持つひとつの性質なのかもしれません。

しかしそれとは反対に、より弱い立場の人を見ると助けずにはいられない性質というのも、人間はちゃんと持っているのだと思います。

このアンビバレントな性質の狭間で、人は果たしてどちらの性質に心を委ねるのか。きっと神様や仏様は、それを見ているのでしょうね。

声を失い、息子に歌を歌ってあげることも本を読んであげることも出来なくなったママの話
喉の病気で「声」を失ったお母さんがいました。息子とのコミニュケーションに不可欠な声。それを失ってしまった影響は、想像以上...
なんだか胸が痛くなる! 母子家庭で貧乏だったためカメラを買えなかった親子のお話
「親の心子知らず」という言葉がありますが、子供というのは親の深い愛情も理解せずに勝手気ままに振る舞うものです。 これから...
しんちゃんとシロの別れを描いた二次創作短編小説「十三年後のクレヨンしんちゃん」(動画と全文)
2006年の04月7日、巨大掲示板2ちゃんねるに臼井儀人さんの人気漫画作品「クレヨンしんちゃん」の二次創作短編小説が投稿...
奥さんと手をつないで歩きながら、「ぼかぁ、しあわせだなぁ」と加山雄三状態になった話
某巨大掲示板に書き込まれた、とある休日のお話。 夫婦揃ってブラリとお出かけ。特に変わった出来事があったわけでもオチがある...
声なき叫びを聞いて! 飼い主に虐待された挙げ句に捨てられて、実験用動物となってしまった”シロ”の願い
これからご紹介するお話は、ハート出版から出ている『実験犬シロのねがい(ハンカチぶんこ)』という書籍に掲載されているエピソ...