子供と父親のふれあいを描いた、心温まるダヴの感動CM「コール・フォー・ダッド(Calls For Dad )」

娘を高く抱き上げる父親

1957年に米国で生まれた、パーソナル・ケア製品ブランド「ダヴ」は、毎年、父の日に向けて特別なCMを制作・公開しています。

今回の記事では、その父の日用のCMの中から、2014年に公開された「コール・フォー・ダッド(Calls For Dad )」という作品をご紹介したいと思います。

CMは、27人の子供たちが「ダディ」とお父さんを呼ぶシーンだけで構成されています。ストーリー性というものはなく、ただただ子供が父親を呼んでいるだけのCMなのですが、「ダディ」というその一言には、それぞれの子供たちが父親に対して抱いている感情が詰まっている気がして、なんだかすごく色んな物語を鑑賞しているような気にもなります。

とても素敵なCMですので、未見の方はぜひ視聴されてみてください。

Calls For Dad #RealDadMoments | Dove Men+Care

とても感動的なCMですよね。それぞれの「ダディ」にそれぞれの思いがある感じがして、すごく心が温かくなりました。

寝ている父親を呼んで起こす娘

渡り棒(遊具)から降りられなくなって、父親に助けを求める幼児

ウエディングドレスを着て父を呼ぶ娘

父親に縋って泣く娘

遊具の上から父親に向かってダイブする幼児

様々なシチュエーションのもとで子供の口から発せられる「ダディ」という言葉。その言葉には、子どもたちにとってのお父さんが、どのような存在であるのかが如実に表れている気がします。

色んな「ダディ」には色んな感情が込められている。そして、そのすべて感情の根底には、「お父さんへの全幅の信頼」という感情があるのだろうなと思いました。

あまりにも切ない愛の物語! 末期がんの男性が最後に望んだ、最愛の女性との結婚式
フィリピンに住むRowdenさんとLeizelさんのカップルは、Rowdenさんの30歳の誕生日である、2014年7月8...
声を失い、息子に歌を歌ってあげることも本を読んであげることも出来なくなったママの話
喉の病気で「声」を失ったお母さんがいました。息子とのコミニュケーションに不可欠な声。それを失ってしまった影響は、想像以上...
300kmの道のり ~パイロットになるという少女の夢を救ったトラックの運転手さん~
パイロットになるという夢を持つ埼玉県の少女が、石川県輪島市にある航空高校を受験するため入試前日から母親と共に電車に乗り込...
親愛の情を示す姿に感動! 老衰で死の淵にありながら、懐かしい友人との再会を喜ぶチンパンジー
オランダはアーネムにある「王立バーガーズ動物園(Royal Burgers Zoo)」に、老衰により衰弱している59歳の...
人生で一番大切なものとは? 優しすぎる青年の日常を描いたThai LifeのCM(タイの感動CM)
人生で一番大切なものとは一体何でしょうか? お金でしょうか、名誉でしょうか、それとも、もっと他の何かでしょうか? このペ...