親愛の情を示す姿に感動! 老衰で死の淵にありながら、懐かしい友人との再会を喜ぶチンパンジー

衰弱して横たわっているチンパンジーのママ

オランダはアーネムにある「王立バーガーズ動物園(Royal Burgers Zoo)」に、老衰により衰弱している59歳の雌チンパンジーがいました。名前は“ママ”といいます。

ママは、食事や水すらも受け付けられないほどに衰弱していました。もはや手の施しようもなく、誰の目にもママの命が最後の時を迎えようとしていることは明らかでした。

そんな状態のママの前に、懐かしい旧友”ジャン・ヴァン・ホーフ教授”が現れます。教授は、かつてママの世話をしていた人物で、2人の間には深い深い関わりがありました。

突然、懐かしい教授の顔を目にしたママ。その時彼女は、衰弱しきって水も受け付けないその体で、驚くような反応を見せたのです。

Jan van Hooff visits chimpanzee “Mama”, 59 yrs old and very sick. Emotional meeting

食事や水すらも受け付けられなくなった体で、必死に親愛の情を示すママの姿に感動しました。ママにとって教授の存在は、死の淵にある身体すら揺り動かすほど大きかったのでしょうね。

Jan van Hooff教授との再会を喜ぶチンパンジーのママ(1)
Jan van Hooff教授との再会を喜ぶチンパンジーのママ(2)
Jan van Hooff教授との再会を喜ぶチンパンジーのママ(3)

教授の頭を抱き寄せた時に見せたママの優しい目が、とても印象的でした。

ママは、懐かしい旧友と再開して別れを告げたその翌週、静かに天国へと旅立って行ったそうです。

300kmの道のり ~パイロットになるという少女の夢を救ったトラックの運転手さん~
パイロットになるという夢を持つ埼玉県の少女が、石川県輪島市にある航空高校を受験するため入試前日から母親と共に電車に乗り込...
もらい泣きしてしまう… 色覚異常の方々が、はじめて世界の鮮やかさを目にした瞬間
以前、聴覚障害者の方々がはじめて音を聞いた瞬間の動画をご紹介したことがありますが、今回は色覚異常(Colour Blin...
絶対に妹を泣かせたくないという兄の愛情を描いた感動長編CM(タイの感動CM)
今回は、ブラザー工業のタイ拠点である「BROTHER COMMERCIAL (THAILAND) LTD」が制作した、長...
なんという現実! インドの貧困家庭で生まれ育った盲目の姉妹が見た希望の光
インドの貧しい家で生まれ育ったソニアちゃん(12歳)とアニータちゃん(6歳)という姉妹がいました。二人は、生まれつき目が...
子供と父親のふれあいを描いた、心温まるダヴの感動CM「コール・フォー・ダッド(Calls For Dad )」
1957年に米国で生まれた、パーソナル・ケア製品ブランド「ダヴ」は、毎年、父の日に向けて特別なCMを制作・公開しています...