ママとかんたろうくんの別れが切ない! 母親の死をテーマとした大ヒット絵本『ママがおばけになっちゃった!』読み聞かせ

ママがおばけになっちゃった!

のぶみさんという超人気絵本作家が手がけた『ママがおばけになっちゃった!』という創作絵本をご存知でしょうか? 講談社から出版されたこの作品は、突然母親が交通事故で亡くなってしまうという衝撃的な内容でありながら異例の大ヒットとなりました。

このページでは、同作品の”読み聞かせ動画”をご紹介したいと思います。秀逸な台詞回しのおかげで笑いと感動のバランスが取れており、絵本でありながら大人の鑑賞に耐えうる作品ですので、ぜひご覧になってみてください。

公式【絵本読み聞かせ】ママがおばけになっちゃった!/のぶみ【続編も好評発売中!】(講談社の創作絵本)

正直、絵本でこんなに感動させられるとは思いませんでした。僕は、「しんかんせんが すきな かんたろうが すきよ。ともだちに やさしく できる かんたろうが すきよ。」のくだりから号泣してしまいました。

「ママがおばけになっちゃった!」の絵本読み聞かせ(1)
「ママがおばけになっちゃった!」の絵本読み聞かせ(2)
「ママがおばけになっちゃった!」の絵本読み聞かせ(3)
「ママがおばけになっちゃった!」の絵本読み聞かせ(4)

この親子の別れのシーンは本当に切ないですよね。この後の、かんたろうくんがママのパンツを履いて眠っているラストも、切なくていじらしくて胸を掻きむしられるようでした。

「ママがおばけになっちゃった!」の絵本読み聞かせ(5)
「ママがおばけになっちゃった!」の絵本読み聞かせ(6)

このように大人でも泣いてしまう内容ですので、子供向けの絵本で「母親の死」をテーマにするのはかなり勇気のいることだったんじゃないかと思います。しかし、作者であるのぶみさん自身はこのことに対して「躊躇はありませんでしたね。」とおっしゃっています。

また、内容が内容だけに「母親を亡くしている子にとってこの内容はツラいんじゃないですか?」といったご意見も寄せられるそうなんですが、実際には「お母さんがおばけになって見てくれているかもしれない。よかったです」といった好意的な感想の方が多いのだそうです。

好意的な感想が多いということを知ったときには、「なるほど、そういう受け止め方もあるのか」とハッとさせられました。こういうのって、実際に母親を亡くしてる子供にしかわからない感性なのかもしれませんね。

ネット上には、絵本を読んだ子供が母親の死を連想してしまうことに対して否定的な意見もありますが、実際にお母さんを亡くしてしまった子供たちがこの絵本で癒されたとするならば、それは素敵なことなんじゃないかなと思いました。

彼らこそ命の守護者! 震災にまつわる自衛隊員さんたちのエピソード
※この画像は、東日本大震災にて撮影されたものです。 戦後、日本における自衛隊の存在は、戦後教育にどっぷり浸かった政治家、...
伝えることの大切さを実感! 赤ちゃんの1歳検診の日、パパからママへと送られた感謝の気持ち
赤ちゃんの1歳検診の日に、ママに対してパパから感謝の気持ちを伝えようという趣旨のCM動画をパンパースが制作しました。赤ち...
なんという現実! インドの貧困家庭で生まれ育った盲目の姉妹が見た希望の光
インドの貧しい家で生まれ育ったソニアちゃん(12歳)とアニータちゃん(6歳)という姉妹がいました。二人は、生まれつき目が...
なんだか胸が痛くなる! 母子家庭で貧乏だったためカメラを買えなかった親子のお話
「親の心子知らず」という言葉がありますが、子供というのは親の深い愛情も理解せずに勝手気ままに振る舞うものです。 これから...
涙のホームルーム ~修学旅行に行けないクラスメイトのために、先生がしたある提案~
とある人が高校生の頃、経済的な理由で修学旅行に行けないクラスメイトがいました。すると先生は数人の生徒を放課後に呼び出して...