ママとかんたろうくんの別れが切ない! 母親の死をテーマとした大ヒット絵本『ママがおばけになっちゃった!』読み聞かせ

ママがおばけになっちゃった!

のぶみさんという超人気絵本作家が手がけた『ママがおばけになっちゃった!』という創作絵本をご存知でしょうか? 講談社から出版されたこの作品は、突然母親が交通事故で亡くなってしまうという衝撃的な内容でありながら異例の大ヒットとなりました。

このページでは、同作品の”読み聞かせ動画”をご紹介したいと思います。秀逸な台詞回しのおかげで笑いと感動のバランスが取れており、絵本でありながら大人の鑑賞に耐えうる作品ですので、ぜひご覧になってみてください。

公式【絵本読み聞かせ】ママがおばけになっちゃった!/のぶみ【続編も好評発売中!】(講談社の創作絵本)

正直、絵本でこんなに感動させられるとは思いませんでした。僕は、「しんかんせんが すきな かんたろうが すきよ。ともだちに やさしく できる かんたろうが すきよ。」のくだりから号泣してしまいました。

「ママがおばけになっちゃった!」の絵本読み聞かせ(1)
「ママがおばけになっちゃった!」の絵本読み聞かせ(2)
「ママがおばけになっちゃった!」の絵本読み聞かせ(3)
「ママがおばけになっちゃった!」の絵本読み聞かせ(4)

この親子の別れのシーンは本当に切ないですよね。この後の、かんたろうくんがママのパンツを履いて眠っているラストも、切なくていじらしくて胸を掻きむしられるようでした。

「ママがおばけになっちゃった!」の絵本読み聞かせ(5)
「ママがおばけになっちゃった!」の絵本読み聞かせ(6)

このように大人でも泣いてしまう内容ですので、子供向けの絵本で「母親の死」をテーマにするのはかなり勇気のいることだったんじゃないかと思います。しかし、作者であるのぶみさん自身はこのことに対して「躊躇はありませんでしたね。」とおっしゃっています。

また、内容が内容だけに「母親を亡くしている子にとってこの内容はツラいんじゃないですか?」といったご意見も寄せられるそうなんですが、実際には「お母さんがおばけになって見てくれているかもしれない。よかったです」といった好意的な感想の方が多いのだそうです。

好意的な感想が多いということを知ったときには、「なるほど、そういう受け止め方もあるのか」とハッとさせられました。こういうのって、実際に母親を亡くしてる子供にしかわからない感性なのかもしれませんね。

ネット上には、絵本を読んだ子供が母親の死を連想してしまうことに対して否定的な意見もありますが、実際にお母さんを亡くしてしまった子供たちがこの絵本で癒されたとするならば、それは素敵なことなんじゃないかなと思いました。

なんて心温まる企画! 定年を迎える東京メトロの駅長を労うサプライズ「THE LAST TRAIN」
今回は、定年退職を迎える東京メトロの駅長を労うサプライズ企画「THE LAST TRAIN」の動画をご紹介します。 東京...
もらい泣きしてしまう… 聴覚障害者の方々がはじめて音を聞いた瞬間のコンピレーション
聴覚に障害をもった方々が、医学の力を借りて初めて音を聞いた瞬間の映像集です。 感動して思わずもらい泣きしてしまいました。...
娘を想うお父さん達の愛情に感動! 最愛の娘を送り出す父親の気持ちに焦点を当てた、T&Gの泣かせるPV
娘を持つお父さん方に高確率でやってくる、嬉しくて寂しい複雑な瞬間があります。そう、娘さんの結婚式です。 これからご紹介す...
ネット上の泣ける都市伝説 トムとジェリー幻の最終回
今回は、日本でも人気の高い米国アニメ「トムとジェリー」に纏わるお話をご紹介します。 このアニメは、1940年から次々と続...
なんと高潔な自己犠牲の精神! 命が危ない極限状態で、己の命より他者の命を優先した自衛隊員さん達の話
記事公開日:2018年1月26日 23日の午前、群馬県の草津白根山が噴火し、草津国際スキー場で雪上訓練中だった自衛隊員の...