下された判決にホロリ!1匹の犬を巡る模擬裁判で、本当の飼い主を判明させた意外な方法

番組内で裁判を行うジュディ裁判官

皆さんはアメリカのCBSが放送している「ジャッジ・ジュディー(Judge Judy)」という番組をご存知でしょうか? この番組は、いわゆる「court show(裁判番組)」と呼ばれるジャンルのもので、番組内では様々な揉め事についての公開模擬裁判が行われます。

これからご紹介するのは、同番組で放送された「1匹の犬の正当な飼い主」を争う裁判の様子(ハイライトのみ)です。原告の男性は「自分の犬を盗まれた」と主張し、被告の女性は「母親のために道で売られていた犬を購入した」と主張しています。

この両者の争いにジャッジを下すのは、家庭裁判所の元裁判官であり現在は弁護士のジュディ・シードリン(Judy Sheindlin)さん。なにせ物言わぬ犬が主役の裁判ですので真実をあぶり出すのは中々難しそうですが、ジュディ裁判官はこの争いに意外な方法でジャッジを下します。

Judge Judy Lets Dog Decide Who To Go Home With | The Dodo

ジュディ裁判官の指示で法廷に呼び込まれた犬は、床に置かれると一目散に原告の男性のもとへと駆け寄ります。このシーンがすごく感動的だと、ネット上でもかなり話題になりました。

僕は、原告の男性が両手で顔を覆うシーンや、泣きながら犬を抱き上げるシーンを見て泣いてしまいました。もうこれ以上はない大岡裁きって感じです。

判決を喜び顔を覆って泣く原告の男性
判決を喜び泣きながら愛犬を抱きしめる原告の男性(1)
判決を喜び泣きながら愛犬を抱きしめる原告の男性(2)

ただ気になるのは、この裁判で本当の飼い主は判明したけれど、被告の女性が嘘をついてるかどうかはわからないというところですよね。女性は本当に犬を道で購入しただけなのかもしれませんから、もしそうだとすると彼女も被害者ですからかわいそうですよね。

でも、犬と飼い主さんの喜びようを見ていると、「やっぱりこの判決しかありえないよね」という感じがします。うん、きっとこれでいいんですよ。だって、あの犬と飼い主さんをまた引き離すなんて、それこそありえないですから。

子供と父親のふれあいを描いた、心温まるダヴの感動CM「コール・フォー・ダッド(Calls For Dad )」
1957年に米国で生まれた、パーソナル・ケア製品ブランド「ダヴ」は、毎年、父の日に向けて特別なCMを制作・公開しています...
最後のシーンが泣かせる! 思いやりで世界を幸せな場所にしようと活動する団体が制作した感動的なMV
以前、「Life Vest Inside」という非営利団体が制作した『Kindness Boomerang – “One...
一人娘の結婚式 ~カップルでもおかしくない年の差がある、血の繋がらない父と娘のお話~
縁あって夫婦となった、25歳の男性と33歳の女性。二人の間には、13歳になる娘さんがいました。 娘さんは奥さんの連れ子だ...
鉄拳さんの感動パラパラ漫画「名もない毎日」 RAM WIRE ミュージックビデオ
もはやお笑い芸人というよりも「パラパラ漫画家」として定着しつつある鉄拳さん。 その鉄拳さんが、ヒップホップユニット「RA...
人生で一番大切なものとは? 優しすぎる青年の日常を描いたThai LifeのCM(タイの感動CM)
人生で一番大切なものとは一体何でしょうか? お金でしょうか、名誉でしょうか、それとも、もっと他の何かでしょうか? このペ...