下された判決にホロリ!1匹の犬を巡る模擬裁判で、本当の飼い主を判明させた意外な方法

番組内で裁判を行うジュディ裁判官

皆さんはアメリカのCBSが放送している「ジャッジ・ジュディー(Judge Judy)」という番組をご存知でしょうか? この番組は、いわゆる「court show(裁判番組)」と呼ばれるジャンルのもので、番組内では様々な揉め事についての公開模擬裁判が行われます。

これからご紹介するのは、同番組で放送された「1匹の犬の正当な飼い主」を争う裁判の様子(ハイライトのみ)です。原告の男性は「自分の犬を盗まれた」と主張し、被告の女性は「母親のために道で売られていた犬を購入した」と主張しています。

この両者の争いにジャッジを下すのは、家庭裁判所の元裁判官であり現在は弁護士のジュディ・シードリン(Judy Sheindlin)さん。なにせ物言わぬ犬が主役の裁判ですので真実をあぶり出すのは中々難しそうですが、ジュディ裁判官はこの争いに意外な方法でジャッジを下します。

Judge Judy Lets Dog Decide Who To Go Home With | The Dodo

ジュディ裁判官の指示で法廷に呼び込まれた犬は、床に置かれると一目散に原告の男性のもとへと駆け寄ります。このシーンがすごく感動的だと、ネット上でもかなり話題になりました。

僕は、原告の男性が両手で顔を覆うシーンや、泣きながら犬を抱き上げるシーンを見て泣いてしまいました。もうこれ以上はない大岡裁きって感じです。

判決を喜び顔を覆って泣く原告の男性
判決を喜び泣きながら愛犬を抱きしめる原告の男性(1)
判決を喜び泣きながら愛犬を抱きしめる原告の男性(2)

ただ気になるのは、この裁判で本当の飼い主は判明したけれど、被告の女性が嘘をついてるかどうかはわからないというところですよね。女性は本当に犬を道で購入しただけなのかもしれませんから、もしそうだとすると彼女も被害者ですからかわいそうですよね。

でも、犬と飼い主さんの喜びようを見ていると、「やっぱりこの判決しかありえないよね」という感じがします。うん、きっとこれでいいんですよ。だって、あの犬と飼い主さんをまた引き離すなんて、それこそありえないですから。

献身的な姿に涙! 足が不自由な猫の傍について、まるでボディーガードのように守り続ける野良猫
皆さんは、韓国のテレビ局「SBS」が2001年から現在(2017年9月現在)まで16年間放送し続けている「TV動物農場(...
日本にフリー・ハグズを広めるキッカケとなったホアン・マンさんの動画
2001年、アメリカのジェイソン・ハンター(Jason Hunter)という方が、「フリー・ハグズ」と書かれたプレートを...
「お値段以上」のニトリが、毎日を頑張ってる大人たちへ送る感動のクリスマスサプライズムービー”Dear Working SANTA”
全国にチェーン展開している大手の家具・インテリア用品量販店「ニトリ」は、2017年11月1日(水)にYouTubeの公式...
ガムのCMなのに泣ける! 出会ってから愛を育んでいく男女を描いた、「Extra Gum」の感動CM
※記事内でご紹介している動画はスクリーンショットが映らず動画が削除されたように見える場合がありますが、きちんと再生されま...
ママを守るヒーローになりたい! 実話を元に、母を思う少年の愛情を描いたタイの感動CM
これからご紹介する動画は、タイの命保険会社「Thai Life Insurance」が実話をもとに制作したドラマ仕立ての...