なんて素敵な優しさの連鎖! 思いやりで世界を幸せな場所にしようと活動する団体が作った心温まる動画

ホームレスの方にホットドッグを渡している親切な男性

アメリカはニューヨークにある非営利団体「Life Vest Inside」をご存知でしょうか? この団体は、「思いやりや小さな親切によって、世界をより幸せな場所にしよう」といった趣旨のスローガンを掲げ、いじめや十代のうつ病などの問題に取り組んでいます。

このページでは、そのLife Vest Insideが制作した『Kindness Boomerang – “One Day”(思いやりのブーメラン – “ある日”)』という動画をご紹介したいと思います。見てるととっても心が温かくなる素敵な動画ですので、未見の方はぜひご覧にになってみてください。

Life Vest Inside – Kindness Boomerang – “One Day”

親切の連鎖で周りがどんどん優しくなって、その優しさが最後にはご本人に返ってくる。まさに「思いやりのブーメラン」ですよね。

スケボーで転んだ少年を心配して声を掛けている男性
ウェイトレスの女性からコップ1杯の水を受け取っている男性
受け取ったコップの水を笑顔で口にする男性

こういう思いやりの連鎖って、一見綺麗事のようだけれど実はそうではないと思うんですよ。実際、僕はある職場でそう思える経験をしたことがあります(大した話ではないんですが…)。

その職場というのがですね、なんだか雰囲気がギスギスしていて誰もが攻撃的な感じの職場だったんです。朝出勤してきても、誰も挨拶を交わそうとしません。なので僕は、その職場に就職してからずっとみんなに挨拶をし続けたんですね。

はじめは無視する人なんかもいたんですが、根気よく挨拶を続けた結果、段々とみんな自分から挨拶するようになって、それが職場全体に広がっていきました。全体といっても小さな職場だったので、広がっていくのも早かったですね。確か2カ月ぐらいだったと思います。

その他、僕の経験ではないですが、海外から出稼ぎや観光に来た外国人の方が日本では礼儀正しくなっちゃうという話をよく聞きます。日本は海外に比べて礼儀正しい国と言われていますから、きっと影響されてしまうんでしょうね。でも母国に帰ると元に戻ってしまうらしいです(笑)。

結局人間は、優しい世界にいれば優しくなるし、ギスギスした世界にいればギスギスしちゃうものなんでしょうね。だとすれば、世界を優しくするのって実は簡単なことなのかもしれません。だって自分が優しい気持ちでいれば、それに釣られて世界は優しくなっちゃうわけですから。

もちろん世界をまるごと優しくするには、ものすごいエネルギーが必要だと思います。でも、自分の家庭、自分の職場といった小さなコミュニティを優しい世界に変えることは、実はそんなに難しいことではないんじゃないでしょうか?

そうして優しくなった小さなコミュニティは、きっとその外側の大きなコミュニティを優しくしていく。そう考えると、家族や友人、同僚に優しくすることが、結果的に世界を優しくしていくのかもしれませんね。

皆さんはどう思われますか?

補足情報

ご紹介した動画のBGMが素敵なので本文中で触れるつもりだったのですが、ウッカリ忘れていたので補足しておきます。あの曲は、ニューヨーク市出身のレゲエミュージシャンMatisyahu(マティスヤフ)さんの楽曲『One Day』です。

MVを貼っておきますので、もしよかったらどうぞ。

Matisyahu – One Day (YouTube Version)

心に染みたワンカップ ~何もかも上手くいかなくて一人で泣いていた冬の夜の出来事~
これからご紹介する動画は、2002年に某巨大掲示板に書き込まれたコメントを、イラスト入りで動画化したものです。 とても短...
声なき叫びを聞いて! 飼い主に虐待された挙げ句に捨てられて、実験用動物となってしまった”シロ”の願い
これからご紹介するお話は、ハート出版から出ている『実験犬シロのねがい(ハンカチぶんこ)』という書籍に掲載されているエピソ...
パパを思う娘の気持ちが泣ける! メットライフ香港の感動CM「パパは嘘つき」(日本語字幕付き)
お互いをかけがえのない存在と感じている二人暮らしの父と娘がいました。ある日、娘が書いた「私のパパの話」という作文が、小学...
お父さんの反応が泣ける! 結婚式のサプライズで、3歳の頃に録音された娘の声を聞いた新婦の父親
結婚式というものは、新しく夫婦となった男女の門出を皆で祝うおめでたい席です。しかし新婦のお父さんにとっては、おめでたい席...
なんという現実! インドの貧困家庭で生まれ育った盲目の姉妹が見た希望の光
インドの貧しい家で生まれ育ったソニアちゃん(12歳)とアニータちゃん(6歳)という姉妹がいました。二人は、生まれつき目が...