最後のシーンが泣かせる! 思いやりで世界を幸せな場所にしようと活動する団体が制作した感動的なMV

ホームレスの男性を気にしながらも、そのまま素通りするギターの男性

以前、「Life Vest Inside」という非営利団体が制作した『Kindness Boomerang – “One Day”(思いやりのブーメラン – “ある日”)』という動画をご紹介したことがありますが、今回は同団体が制作した別の動画などご紹介してみたいと思います。

その動画は『Revolution of Love(愛の革命)』という曲のミュージックビデオなのですが、内容が短いドラマ仕立てになっていてすごく感動的なんです。

物語は、ギターを担いて歩いている男性が、道脇に座ってハーモニカを吹いているホームレス男性の姿を目にするところからはじまります。ギターの男性はホームレスの男性を気にしながらも、そのまま通り過ぎていくのですが…。

Life Vest Inside – Revolution of Love

ストーリー自体はシンプルなものですが、とても感動的ですよね。僕は、ギターの男性が自分の歌で稼いだお金をホームレス男性に渡すシーンで泣いてしまいました。

ストーリもさることながら曲もすごく素敵ですよね。なので曲の素性について少し調べてみたのですが、どうやらこれは「Dance for Kindness 2014」というイベントのアンセム曲らしいです。

Dance for Kindnessというのは、Life Vest Insideが11月13日の「World Kindness Day(世界優しさの日)」を祝うという趣旨で行っているダンスイベントで、2012年にはじまってから毎年開催されています。

イベントの内容は、世界中のグループが同じ日に同じ曲で同じダンスを踊るというものです。下にDance for Kindness 2014の動画を掲載しておきますので、もしよかったらご覧になってみてください。

Official Dance for Kindness 2014 (Worldwide Montage)

なんというか、見ているだけで笑みがこぼれて心が温かくなっちゃう素敵なイベントですよね。

以前の記事でもご説明しましたが、Life Vest Insideは「思いやりや小さな親切によって、世界をより幸せな場所にしよう」といった趣旨のスローガンを掲げて活動しています。こういう団体が雨後の筍みたいに沢山できたら、きっと世界はもっと優しい場所になるんでしょうね。

涙のホームルーム ~修学旅行に行けないクラスメイトのために、先生がしたある提案~
とある人が高校生の頃、経済的な理由で修学旅行に行けないクラスメイトがいました。すると先生は数人の生徒を放課後に呼び出して...
優しい世界に感動! ガリガリに痩せてお腹を空かせていた子猫と優しい犬のお話
これからご紹介するのは、ある人が渋滞に引っかかったバスの窓から見た犬と猫のお話です。 渋滞で動かないバスの中で暇だったそ...
健気な愛情にホロリ! 幼い女の子の悪戯に隠れていた、お母さんへの深い深い愛情
子供というのは、時々とんでもない悪戯をやらかして大人を困らせてくれたりします。 でも、そうした子供の悪戯には悪意は込めら...
声を失い、息子に歌を歌ってあげることも本を読んであげることも出来なくなったママの話
喉の病気で「声」を失ったお母さんがいました。息子とのコミニュケーションに不可欠な声。それを失ってしまった影響は、想像以上...
情けは人の為ならず!ある実話を元にして制作されたタイの感動CM
これからご紹介する動画はタイの携帯電話会社「True Move H」が制作した、実話を元にしたショートドラマ仕立てのCM...