声を失い、息子に歌を歌ってあげることも本を読んであげることも出来なくなったママの話

息子の頬にキスをするママ

Photo by Gordon

喉の病気で「声」を失ったお母さんがいました。息子とのコミニュケーションに不可欠な声。それを失ってしまった影響は、想像以上に大きいものでした。

お母さんは悩んで悩んで悩み抜き、ある日その苦しみは限界を超えてしまいました。

私は三年前に喉の病気が原因で、声が出なくなった。
息子に歌を歌うことも、絵本を読んであげることも出来ない。
一歳七ヶ月だから、手話なんて分かるわけのない息子との暮らしは
想像以上に意思疎通がままならなくて、いつも息子は旦那の声に反応して
ニコニコしたり、嬉しそうにしてる。
私に対しては、やはり何をいってるのか分からないらしくて、いつも「ううん」と首を
横に振られ続ける。ご飯も、着替えも。

そんな生活がつらくて、ほんとうにつらくてとうとう旦那に泣きついてしまった。
そうしたら、旦那が寝ている息子の傍に行って、そっと息子の耳元で
「ママのことが世界一好きな人、手あげて」と囁いた。
そしたら、息子はすうっと手を上げてくれた。何度も、何度も、旦那がもういいよと
笑いながら止めるまで、ずっと手を上げ続けた。
そして、夢うつつにママ、ママと私を呼んでくれた。

泣き出した私に、旦那は「ほら、○○はちゃーんと○の気持ちわかってたんだよ、
言葉は通じなくても、全部伝わってるんだよ。お前の頑張ってる姿、ちゃんと見てるんだよ」
と言ってくれた。

次の日から、考え方が変わった。
もう、歌えなくても喋られなくてもいいんだとわかった。
心さえ繋がっていれば、いつまでも親子なんだって、初めて気づかされた出来事だった。

ある日突然に声を失ってしまうということは、絶望的にもどかしいことだろうと思います。

自分の意思を伝えられない歯がゆさ、母としても役目を上手くこなせていないという思い。これは想像以上に辛いことであり、我が子に対する愛情が深ければ深いほど、辛さもまた増すのだろうと思います。

声というのは誰もが持っているコミニュケーションツールです。私たち人間は声を使って言葉を駆使し、様々な情報を伝えます。けれど人には、言葉ではどうしても伝わらないものがあります。

そして本当に伝えるべきことは、言葉では伝わらない部分にこそあるのかもしれません。

息子にキスをする母お母さん

「声は伝わらないけど、大切なことは伝わっていたんだなぁ」

このお話を読んで、そんな感想を抱きました。

しんちゃんとシロの別れを描いた二次創作短編小説「十三年後のクレヨンしんちゃん」(動画と全文)
2006年の04月7日、巨大掲示板2ちゃんねるに臼井儀人さんの人気漫画作品「クレヨンしんちゃん」の二次創作短編小説が投稿...
とても犬を怖がっていた少女が、獣医になろうと決意した理由(タイの感動CM)
今回は、Krung Thai Bank(クルン・タイ銀行)の感動CMをご紹介したいと思います。 物語の背景 車に轢かれて...
当時中学生だった弟が、学校帰りに床屋で丸坊主にしてきた意外な理由
当時中学生だった弟が、学校の帰りに床屋に寄って丸坊主になって帰ってきました。 その頭を見て兄は一体どうしたのだろうかと思...
献身的な姿に涙! 足が不自由な猫の傍について、まるでボディーガードのように守り続ける野良猫
皆さんは、韓国のテレビ局「SBS」が2001年から現在(2017年9月現在)まで16年間放送し続けている「TV動物農場(...
ガムのCMなのに泣ける! 出会ってから愛を育んでいく男女を描いた、「Extra Gum」の感動CM
※記事内でご紹介している動画はスクリーンショットが映らず動画が削除されたように見える場合がありますが、きちんと再生されま...