声を失い、息子に歌を歌ってあげることも本を読んであげることも出来なくなったママの話

息子の頬にキスをするママ

Photo by Gordon

喉の病気で「声」を失ったお母さんがいました。息子とのコミニュケーションに不可欠な声。それを失ってしまった影響は、想像以上に大きいものでした。

お母さんは悩んで悩んで悩み抜き、ある日その苦しみは限界を超えてしまいました。

私は三年前に喉の病気が原因で、声が出なくなった。
息子に歌を歌うことも、絵本を読んであげることも出来ない。
一歳七ヶ月だから、手話なんて分かるわけのない息子との暮らしは
想像以上に意思疎通がままならなくて、いつも息子は旦那の声に反応して
ニコニコしたり、嬉しそうにしてる。
私に対しては、やはり何をいってるのか分からないらしくて、いつも「ううん」と首を
横に振られ続ける。ご飯も、着替えも。

そんな生活がつらくて、ほんとうにつらくてとうとう旦那に泣きついてしまった。
そうしたら、旦那が寝ている息子の傍に行って、そっと息子の耳元で
「ママのことが世界一好きな人、手あげて」と囁いた。
そしたら、息子はすうっと手を上げてくれた。何度も、何度も、旦那がもういいよと
笑いながら止めるまで、ずっと手を上げ続けた。
そして、夢うつつにママ、ママと私を呼んでくれた。

泣き出した私に、旦那は「ほら、○○はちゃーんと○の気持ちわかってたんだよ、
言葉は通じなくても、全部伝わってるんだよ。お前の頑張ってる姿、ちゃんと見てるんだよ」
と言ってくれた。

次の日から、考え方が変わった。
もう、歌えなくても喋られなくてもいいんだとわかった。
心さえ繋がっていれば、いつまでも親子なんだって、初めて気づかされた出来事だった。

ある日突然に声を失ってしまうということは、絶望的にもどかしいことだろうと思います。

自分の意思を伝えられない歯がゆさ、母としても役目を上手くこなせていないという思い。これは想像以上に辛いことであり、我が子に対する愛情が深ければ深いほど、辛さもまた増すのだろうと思います。

声というのは誰もが持っているコミニュケーションツールです。私たち人間は声を使って言葉を駆使し、様々な情報を伝えます。けれど人には、言葉ではどうしても伝わらないものがあります。

そして本当に伝えるべきことは、言葉では伝わらない部分にこそあるのかもしれません。

息子にキスをする母お母さん

「声は伝わらないけど、大切なことは伝わっていたんだなぁ」

このお話を読んで、そんな感想を抱きました。

戸籍謄本を見て自分が養子であると知った時、父の口から飛び出した意外な言葉
これからご紹介するお話は、某巨大掲示板の「今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験」というスレッドに書き込まれたお話です。 ...
自分の子供の頃を思い出す! 夏休みに自転車で小旅行に出掛けたときの思い出
誰もが持っているであろう夏休みの思い出。大人になってからしみじみと思い出すセピア色の記憶。 これから紹介するお話は、泣け...
パパを思う娘の気持ちが泣ける! メットライフ香港の感動CM「パパは噓つき」(日本語字幕付き)
お互いをかけがえのない存在と感じている二人暮らしの父と娘がいました。ある日、娘が書いた「私のパパの話」という作文が、小学...
なんという現実! インドの貧困家庭で生まれ育った盲目の姉妹が見た希望の光
インドの貧しい家で生まれ育ったソニアちゃん(12歳)とアニータちゃん(6歳)という姉妹がいました。二人は、生まれつき目が...
涙のホームルーム ~修学旅行に行けないクラスメイトのために、先生がしたある提案~
とある人が高校生の頃、経済的な理由で修学旅行に行けないクラスメイトがいました。すると先生は数人の生徒を放課後に呼び出して...